フォーサーズレンズとEマウントの関係

マイクロフォーサーズへの移行でメーカーに見放されてしまった4/3 フォーサーズ一眼シリーズ。 でも私の一眼レフで使えるものはフォーサーズ系がまだまだ主力。あとはSONYのNEX-5Rだけ。 NEX-5RのEマウントレンズを最近立て続けに拡充したためEマウント系でも大体の撮影はこなせるようになってきました。 ただポートレート撮影や、ガンガンとらなければならない物は NEX-5Rでは役不足。 工学ファインダーの OLYMPUS E-5 の出番となります。 ダイレクトに映像が脳に伝わったてくるような感覚はやはりミラーあり一眼のスクリーンを見ているのが断トツでいい感じですね。



 さっき、Y!オクを見ていたら業務系ビデオカメラの標準的撮像素子 2/3 インチ対応B4マウントのFujinon ズームレンズをなんだかんだするとなんと撮像素子のずっと大きなAPS-C サイズのNEX-6 でちゃんと撮影できるというなんかよくわからないからくり。。。 ムムムッ? 2x のエクステンダーを入れるとイメージサークルが大きくなるという仕掛けのようです。エクステンダーの理屈からするとそのようなことになるわけですね。フムフム。。 2xだけではまだ足りないようで、さらに1.4xの拡大をすると APS-C サイズに対応できるようです。 これは皆さん知っている技なんでしょうか。 私は知りませんでした。

 フォーサーズレンズをEマウントにつけるための KIPON のマウントアダプターをフォーサーズマウントに改造した KONIKA HEXANON レンズ用に買ってありました。 HEXANON レンズはマニュアルレンズなのでEマウントで普通に使えますが、フォーサーズのレンズはイメージサークルが小さいので 80-300mm 以外は APS-C のイメージサークルをカバーできず蹴られてしまいます。
 以前、フォーサーズでは主力レンズの 12-60mmを このマウントアダプタでNEX-5Rに取り付けたらイメージサークルが小さくてだめでした。FS-700 のビデオカメラタだとスーパー35mmサイズなので NEX-5Rよりは若干小さいためか焦点距離がまん中あたりから望遠側は使えそうな感じでしたが、まあ、対応不可という判断でした。

 でもって、Y!オクの B4マウントレンズで魔法のようにEマウントカメラで撮影できちゃうという方法について考えていたら、そっか、手持ちの機材で実験可能!!!ということに気づきました。

c0078490_1549442.jpg


 えーっと、こんな感じ。フォーサーズの 12-60mm F2.8 - F4 ズームに OLYMPUS フォーサーズ用 純正 1.4xテレコンを挟んで、KIPON のフォーサーズー>Eマウントアダプタで NEX-5Rへ装着するというアイディア。

まずは1.4xテレコンなし 12mmワイド側。
c0078490_1552388.jpg

なんかフレームが曲がっているようですが、まあ完全に四方をけられて意図的撮影以外ではNGですね。
c0078490_15541081.jpg

60mm望遠側にすると蹴られはだいぶましになりますけど周辺減光がはっきりわかります。


では1.4xテレコンを挟むと
c0078490_15592798.jpg

ワイド側での蹴られがなくなりました。

望遠側でも周辺減光は目立たなくなったようです。
c0078490_1635868.jpg



フォーサーズレンズは絞りをレンズ側でいじれない電子絞りのため、実用性があるかというとちょっと???ですが、12-60mmはフォーカスに関しては機械式としても操作できるので使えないことはないかもしれない程度でしょうか。 

 今回の実験でリアコンバーターやエクステンダーといわれるものをレンズの後ろに挟むと」画像が拡大されてそれに伴ってイメージサークルも大きくなる」という知見が得られました。

 ついでにYouTubeを いろいろあさってみたら B4マウントのレンズには優秀なパワーズームがついているのでそれを活用したいためにいろいろ工夫をしているようでした。レンズへの電力供給はDタップから送っているものが大半。 撮像素子がそれほど大きいほうではないマイクロフォーサーズ系のGH4などですと、2xのエクステンダーだけで十分イメージサークルをカバーできるようです。 もともとf1.7あたりから始まるようなENGレンズに2倍のエクステンダーを挟んでもまだF4よりあかるいですから、十分実用性がありますね。

うーーmmm。。 実際に業務で使えるかというと相当検討が必要な気はしますが、 FS-700や FS-7、FS-5などのEマウントビデオカメラでのパワーズームレンズはいま4本しかないはずで、まともに使えるのは28-135ぐらいしかないといえる中、高可変倍率のB4レンズがEマウントで使えるとなればそれはそれで、適合する現場ならば出番があると言えそうです。 FS-7にFujinonのB4マウントレンズを合わせてショルダータイプのカメラとほぼ同じような操作性を実現している方がいました。 B4マウントでOKということならCANONからも出てますね。中古でレンズを安く入手できるならちょっとチャレンジしてみたいような気がします。なんか面白い世界ですね!!! 
[PR]

by gontamaru48 | 2016-01-23 16:19 | NEX-5R | Trackback | Comments(0)

SEL1018 10mm画角と PXW-FS5

 喉から手を出してみたくなっちゃくぐらい?今ほしいカメラが PXW-FS5 小型軽量で取り回しがらくちん。 これに10-18mm F4 をくっつけて撮影してみました。 10mmで撮影して、超広角になっているんですが、それほど違和感がありません。歪曲補正もかかっているようで直線はあくまでも直線に描写されてました。 4K30Pで撮影して開放F4でもそれほど周辺が流れている感じもなく、いる場所の全体をガバッっと掴まえて状況がすぐに理解できるような映像になっていました。

 人物周りの壁だとか棚だとか、一見写っていなくてもいいような部分まで写りこんでいると、どんな場所にいるのか瞬時に理解できるような映像になりますね。 これは面白い。 フロントコンバージョンレンズのような画質低下もなく、200g台の小型軽量、PLフィルタを使いたければ62mmのフィルタが付けられる(これ実は大きな利点!!!)などなど、これは使える映像になりそうです。 Fs-700に肩載せ出来るようなリグが欲しくなりました。
[PR]

by gontamaru48 | 2016-01-19 00:46 | NEX-5R | Trackback | Comments(0)

超広角レンズの幻想 10mm!!

c0078490_1838714.jpg

SONY NEX-5R SEL1018 F4


 しばらく10mm(フルサイズ換算15mm)画角になれるべく、れんしゅうちゅーーーー 最近超高感度カメラが出回ってきていて何ができるんでしょ?とか思いながら、NEX-5Rでもえいとばかり ISO12800 まで引き上げてみました。ビルの影の部分がだいぶ浮き上がって見えてくるようになりますね。まあノイズは出ているのでPhotoshopのRAWフィルターでノイズ処理をしています。 ノイズをたたくと諧調が減る感じですが、暗部のノイズはやはり目立たないほうがいいですね。
[PR]

by gontamaru48 | 2016-01-17 18:43 | NEX-5R | Trackback | Comments(0)

SONY SEL1018 F4 超広角の楽しみ

c0078490_1518268.jpg

SONY NEX-5R SEL1018 F4 10mmF4開放


以前にも書きましたが、人生初の換算15mm相当の超広角レンズ。換算18mmぐらいまでは長いこと使っていたので何となく体に感覚がしみ込んでますけど、これを超える張広角ってまだ手探り状態。

 上のような縦横がはっきり解るような被写体を気楽にスナップで何とかなるということはないようです。バシッと狙いたかったら正確な位置決めと三脚が必要ですね。今回はお気楽スナップだったので気に入らないところをちょっとだけPhotoshopに頑張ってもらいました。やはり撮影時にびしっと決まっているのが一番。。。
[PR]

by gontamaru48 | 2016-01-17 15:30 | NEX-5R | Trackback | Comments(0)

ロマネスコ

c0078490_9593490.jpg

SONY NEX-5R 30mm Macro ストロボ使用

 最近見かけるようになった「ロマネスコ」。  以前はやった自己相似形の極みというか、フラクタル図形の立体版のような様相。 全体も三角錐型で各でっぱりも三角円錐型、さらにその先のツブツブもおんなじ格好。。見れば見るほど面白い。。。。びっちり詰まっているのでゆでる時に切り分けがちと難しい。

 ブロッコリーとカリフラワーを掛け合わせてできたとか???味はカリフラワーでした。
[PR]

by gontamaru48 | 2016-01-17 10:08 | Trackback | Comments(0)

ビデオ編集のワークディスク入れ替え!!

3年半ぐらい使ったEdius 編集お仕事PCのワークディスク WD20EARS グリーンちゃん
x 2台のRAID0構成から引退させたサーバー機から引っこ抜いた WD20EFRX RED 4台のうちの3台でRAID0を組み直して編集用ワークディスクを更新しました。
3年半ぐらい連続運転した中古ものなので今回の組み換えで環境が変わったために故障が出るかもしれません。なのでバックアップは確実に取りながら編集作業を進められるように3TBx5でのRAID5外付けドライブも用意しています。が、、、運用終了したサーバーにぶら下がっていた外付けディスクで、しばらくお休みさせたから復活させた途端に1台ディスクがお亡くなりになりました。 ふぅ・・・ 1台交換準備中…


さてベンチマーク!(^^)!

元の2TB WD20EARS グリーンでの RAID0は全然速度が出なくて、Seagateの高速ドライブ1台と大して変わらないぐらいの速度でした。
c0078490_95295.png

c0078490_971419.jpg





さて、2TB X 3の REDちゃん、こちらの方が元々高速なことと3台構成にしたこともあり2倍の性能UPを達成。 あとは安定運用できることを願うのみ。
c0078490_9551.png

c0078490_971262.jpg






速度だけをみるとSSDの1台の速度にも負けているような…まあ容量は3台分合わせた容量で5.45TBほど取れているので大量に撮影してもしばらくは安泰ですね。
Ediusのマルチトラック編集時の動きがどれぐらい軽くなるかちょっとだけ楽しみです。



そうそう、遂に2.5インチSSDが1台で13TBの大容量に到達したようです。容積比で計算すると13TBの2.5インチSSDが15mm厚なので3.5インチHDDの1/4ぐらいの体積だとすると3.5インチHDDサイズでなんと52TBも!!!装備可能という・・・ wow!!
サーバーラック1本に20ペタバイトぐらい搭載可能????



HDDを1箱に48台搭載できるストレージは見たことが有るので13TBのSSDを容積比で192台搭載、、、、、1箱2.4ペタバイト。。。  箱の高さが5Uぐらいだったので8台は1ラックに入るはず。。。わううううううzzzzzzzzzzz.....


コストを無視できればもうHDDの生き残る道は残っていないようです。。。
[PR]

by gontamaru48 | 2016-01-17 09:15 | HDD関連 | Trackback | Comments(0)

超広角レンズの幻想 SEL1018 F4の場合・・

c0078490_11295744.jpg

SONY NEX-5R SEL1018 F4 1/50 F4 ISO3200 Photoshop CC(2015)

NEX-5Rを使い始めて2年半、 Eマウントのレンズもだいぶ揃ってきて最後の決め手、10-18mmの超広角ズームに到達。 仕事帰りに何か予感?がして、会社の近くのキタムラへ。 は~い鎮座されておりました。SONY SEL1018 F4ズーム。 たぶんヤフオクあたりで仕入れれば5千円ぐらいさらに安く落札できるかもしれませんが、現物を触って確認できてから購入できるのはやはりお店で購入する利点ですね。
 レンズポーチも中古の箱からちょうどいいサイズを探すためにあれやこれやとっかえ引変えしてCANONの「LP1016」というのが400円でちょうどよかったので一緒に購入。短くて太い目のレンズポーチの在個が少なかったので見つかってよかった。

 お店の人に聞いたんですけど、このSEL1018は入荷しても数日で売れてしまうそうで、前回半年ぐらい前に見つけて迷っていた数日間にやはり売れてしまっていました。やはり中古市場は出会った日が吉日!!というわけですね。そこで手に入れなければハイさようなら。。。

 フィルムカメラではPENTAXのLX を20年ぐらい使って、そのころに18mm F3.5の単レンズが最大ワイド側レンズだったので15mm相当というワイド側での撮影体験はウン十年撮影していても初めての経験!!! よく画質がどうだ、機能が・・とかいうのもまあ悪くはないですが、ここまでワイドになるとちょっと角度が変わっただけでガラッと雰囲気が変わるのでどんどん撮影して反省して、また撮ってを繰り返せばレンズの癖もわかるしどう振り回したらよいかも見えてくるでしょう。フィルム時代ではできなかった大量に撮って自己反省が楽チンな今、センスのある人はきっと昔に比べたら上達も早いんでしょうね。 36枚撮りフィルムだと処理費がかさむから24枚撮りでガマン・・・なんて感覚、今の若い人にはわからないでしょうね。。。。。

c0078490_10522255.jpg



さて、このレンズ、見た目よりも軽くて手振れ補正のOSSもついていてかつ、超広角レンズとしては小型なのはすごいです。 さらにフロントに62mmのフィルターも取り付けられる。 簡単に言えば使い勝手良好ということですね。 62mmのちょっと古い目のがっちりした保護フィルターをつけてみたらフィルタの枠が厚かったせいか若干けられているような感じで、また重量が増えたのがわかってフロントヘビー?な感じがいやだったのでとりあえず使用中止。保護フィルタを使うならなぶべく良質な薄枠ワイド対応のフィルタを買わないとだめそうです。5千円ぐらいするかな? ちとタカイ。。

Eマウント系の ビデオカメラ、VGシリーズとか、うちで使っている FS-700、最近ではFS7, FS5 などに使えば広角形は無敵状態?に持ち込めます。FS5でHD撮影なら超解像2xズームとあわせるとなんと10-36mm相当までの3.6倍ズームになって広角側はこれ1本でOKかも????ね。。。
 レンズ固定タイプのビデオカメラではワイコン着けてもここまでの広角撮影はちと厳しい。対角魚眼タイプになっちゃうかな? フロントコンバージョンだと画質も落ちるしね。重くなるし。。。

FS5などの軽量な本体でもレンズが軽いのでフロントヘビーにならずきっと扱いやすいでしょう。 まだFS-700では使ってみていないのでどんな絵が出てくるのか・・・・  楽しみです。 あ、30mmマクロもまだFS-700では使っていないですねぇ。  マクロが必要なお仕事、来ないかな?  レンズとの距離を考えると フルサイズEマウント対応の 90mmマクロが10万強ほどなのでこっちのほうが使いやすそうですが、30mmマクロ、何せ安いんで・・・・・・

c0078490_10521897.jpg


新宿のビル街をこのSEL1018で、たぶんほとんど10mmで撮影することになると思うんですが、しばらく撮り溜めてから掲載していきたいと思います。
[PR]

by gontamaru48 | 2016-01-09 11:18 | NEX-5R | Trackback | Comments(0)