Edius PRO 7.30 発進!!

EdiusPro 7の新しいアップデートセットが出たようです。XAVC-Sの出力ができるようになったみたいですね。
あと音声周りの強化、96,192kなどのハイレートでのファイルを特定の形式のみ作れるようになったそうです。まだ試していないので、リリースノートを読んだ程度の知識です。

 0.1の桁が上がったのでメジャーアップデートだそうです。 EdiusPro 7 をお使いの方はぜひアップデートしてみてください。リリースノートに書いてあってもどれがそのアップデートなのかよくわからないところもありますが、まあそのうち解明できるでしょう。 さっそくダウンロードしてアップデートしてみました。起動後の動作が軽くなったような気が一瞬したような気が、、、 使い込んでみれば何かわかるでしょう。でもその頃には新しい速さになれちゃって「変化ないんじゃない?」みたいな結論になってしまったりするような…


[PR]

by gontamaru48 | 2014-04-27 00:34 | Edius | Comments(0)

NEX-5R + E 18-105 F4 PowerZoom

c0078490_00055016.jpg
たぶん年末に発売になった SONY Eマウント用G 18-105mm F4通しのパワーズーム、持っていた人たいたので一瞬借りてみました。
思っていた以上にレンズの重量が軽くてNEX-5Rとのバランスは悪くない。 パワーズームの動作もとてもなめらかでいい感じでした。 Gレンズだけのことはあるのか、「絵のキレ」具合も一応合格点かな? NEX-5R などの NEX系、α系のEマウントデジカメとの相性はいいようです。

 さて本題、FS-700J に使った場合どうなるか。 Z00からZ99までの数値表示状態でZ20以下のワイド側ではそれほど気にならないのですが、このZ20をこえて望遠側に入ってくると強烈な糸ゴマ収差が発生。相当すごいです。 NEX-5Rなどのデジカメの場合、たぶんレンズの補正情報を使って補正した画像を記録しているのだと思われますので、この糸ゴマ収差はほとんど気になりません。なのでとっても優秀なレンズ、という評価になりますね。NEX-700Jの場合は、Eマウントレンズなので操作性はAFも使えるし、というか、20m以上離れているとピントリングでピントを合わせるのはほとんど無理。機械的につながっているわけではないので、突然グワッとピント位置が移動してしまって合わせられないのでワンプッシュAFは必須状態でしょうか。 アイリスはボディ側のアイリスダイヤルで調整します。ズーム操作はLankリモコンがあれば手元で操作可能ですね。 
 明らかに歪んでいるのが分かるほどの糸ゴマ収差状態なので、FS-700Jとの組み合わせはちょっと厳しいかも。。。焦点距離範囲的にはとても常用しやすい領域なので期待していたんですけど、一瞬で候補から落ちた感じですね。 デジカメ系で使うののならオススメでしょう。ならNEX-5Rでビデオ撮影すればいいじゃん??





[PR]

by gontamaru48 | 2014-04-27 00:21 | NEX-5R | Comments(0)

Edius の不思議な出力・・

Edius 6.5xでの話。

 特定フレームでフリーズフレームでちょっくら粗隠し、引き延ばしなどをやっていたら、フリーズフレームしたシーケンスを再度カット編集することに。長すぎるって。 そこで問題発生。 フリーズフレームしてあるクリップの途中でカットすると当然ですが、カットした以降の絵が変わってしまう。 悩んだ末、フリーズフレームするフレームを表示しておいて CTRL-T でキャプチャー撮って、それを張り付けることにした。これならどこで切ってもおんなじ絵。またフリーズフレームだと、元のクリップファイルの長さ以上には伸ばせないので、キャプチャー画像の利点もあるかなと。

 ところで私のいつもの編集環境でキャプチャーをとると PSD、フォトショップ形式でファイルが作成されますけど、他のPCだとBMPになる。なぜかなぁ。。。。????
 特に設定してあるわけではないのですが。 PSDになるいつもの作業環境にはPhotohsopCCが入っています。BMPになるところではPhotoshopは入っていなかったような。  今のところ原因不明。 PSD 形式になってくれたほうがあとあとPhoshopで編集するにも便利ですね。 あと PNG で書き出したものより元ファイルとしてのPSDを直接使ったほうがアンチエイリアスとか、色の具合とか、調子がいいようです。

[PR]

by gontamaru48 | 2014-04-24 20:24 | Edius | Comments(0)

NEX-5R 50mm シリーズ?

c0078490_15254891.jpg
NEX-5Rに  SEL5018, 50mm F1.8 だけつけてお散歩。  ズームに迷うことなく、あちこち切り取り。 32GBのSDカードが入っていればRAW撮影でも枚数不足で困ることは全くなし。 現像は Lightroom 5.4で。RAWで作業を始めてころに比べるとずいぶんRAWファイルの取り扱いも楽になったもんです。
[PR]

by gontamaru48 | 2014-04-19 15:37 | NEX-5R | Comments(0)

SONY MDR-7506 のリケーブリング

c0078490_23501879.jpg
SONY NEX-5R & SEL50F18 50mm F1.8 OSS

最近導入した SONYのモニタヘッドフォン、だいぶ慣れてきました。低域ノイズのモニタリングにはものすごい威力を発揮してくれてます。MDR-CD900STでは聞き取れない空調のボワ~ンとでも言いましょうか、圧迫されるような何とも言えない低域ノイズを再現してくれてます。音像の定位はリケーブリングしてあるCD-900STのほうが、どんぴちゃりと聞かせて圧倒的正確さ。 MDR-7506のほうはなんとなくそっち?という感じでしょうか。 MDR-CD900STはかっちりと音を浮き彫りにしてくれますけどその分硬い印象です。 MDR-7506 はうまく音をミックスしてくれているような言い換えればオリジナルのままだと音像の定位が(あくまでもMDR-CD900ST改と比べて)甘い感じですね。音楽を音楽として聴きやすい状態とでもいえるでしょう。センターのボーカルのモニタリングにはあっている雰囲気。 映像の現場ではMDR-CD900STの何でもかんでも音を浮き立たせてくるような、だからこそモニターヘッドフォンなんですけど、分解能力の高さが役に立ちます。


 MDR-CD900ST との比較で、MDR-7506をリケーブリングすることで左右のセパレート特性を上げると、音像の定位ももっとはっきりと聞こえてくるはずともくろんでおります。
 そこで、もともとMDR-7506で使われている、3.5mmミニジャックとねじ込みタイプの6.3mmフォーンジャックのコンボタイプのパーツをネットで探してみたんですけど、出てこない。 単体パーツでの入手は今のところ発見できていません。売ってないのかなぁ????
 最悪、もともとついているジャックを移植することになりそうな予感。 それとも100歩譲って、標準フォーンジャックにしちゃう? それなら在庫があるので…

 ビデオの編集時、PCのオンボード音源は避けたいので RolandのTri-Capture、UA-25EX などをUSB DAC代わりに使っています。 本当はまともなUSB DAC&ヘッドフォンアンプになっている小箱が欲しいんですけど・・・・・


[PR]

by gontamaru48 | 2014-04-12 00:01 | 音声機材 | Comments(0)

Edius7 & ペガシス TMPGEnc Movie Plug-in AVC for EDIUS Pro 7

ペガシスからEdius7対応の出力プラグインが発売になりました。 名称が 「TMPGEnc Movie Plug-in AVC for EDIUS Pro 7」ということで H264系の出力プラグインですね。画質の良い事で定評のあるペガシスのプラグイン。 もうひとつ、 Edius6.5からサポートされなくなった FireCoder Blu に対応していること。


  i7 CPU などで QSVを内蔵していればまあエンコードは高速に実行でき、CPU負荷も低い利点がありますが、Ediusの通常の編集時には QSVはほとんど役に立っていないように思います。

 そんな時、サーバー系からやってきている 6コア系のCPUのほうが快適なんですが、いざ H264での出力をしようとするとCPUフルパワーでも QSVに負ける。 Edius7での解決策が無いものかとかんがえていましたが、ペガシスのプラグインで ゴミになっている FireCoder Blu が 6コア系のマシンで復活、活用できそうです。QSVがなくても何とかなりそうな予感。 誰かやってみて~~ と他力本願^^;


 
[PR]

by gontamaru48 | 2014-04-10 10:22 | Edius | Comments(0)

NEX-5R + Eマウント 50mm F1.8 解放撮影

c0078490_20555532.jpg
 曇り空で時たま雨も降りだすようなあいにくの天気の中、NEX-5RにEマウントの50mm 1本のみ、F1.8開放のみでチャレンジ!!! 町内会のイベントを狙って撮影に繰り出しました。
 ピント位置より後ろのボケはぼわーーんときれいにぼけますね。いい感じ^^  

 NEX-5R、ホールディングのスタイルから案外気楽に撮っていしまいがちですが、やはりいくら手振れ補正があってもラフにシャッターを切ると仕上がり最悪。撮影の基本、しっかり構えて撮るように!!!  あと液晶画面だけでは意図通りの撮影はムズカシイ、その分、行き当たりばったりの偶然の面白味があるとも言えますけど、やはり当たる確率が低くなるようです。 お気楽撮影を続けていると、しっかりファインダーを見て撮影するスタイルに無性に戻りたくなるこの感覚。画像とシャッター速度、絞り、ボケ具合がダイレクトに頭と接続されているような感覚を最近あまり味わっていないので、しっかりした一眼レフカメラでの撮影もまたやりたくなってきました。 OLYMPUSの 4/3 シリーズのレンズがそろっているのでフォーサーズ最後のフラッグシップ機 E-5 を物色中。 NEX系に走りたくもやはり「レンズは資産」というところを痛感するこの頃。 昔のようにホイホイレンズを購入しちゃえるような感じではないのです。おとーさんはつらいのです;;

[PR]

by gontamaru48 | 2014-04-06 21:09 | NEX-5R | Comments(0)

NEX-5R で60P撮影・・

大したことはしていないのですけど、NEX-5Rで60Pのビデオ撮影をさせると、10分ちょっとすぎたところでオーバーヒートしちゃうようです。今まで短いものしかとっていなかったので気になることもなく使っていました。 今回カメラを固定して60Pの撮影を実施したら10分ちょいあたりで温度警告表示が出てそのまま放っておいたらその後2分? もうちょっとかな?した時点で勝手にシャットダウン。電源が落ちました。すぐ電源を入れ直すと「システムエラー」と表示されてNG. しょうがないので5分ぐらいほっといてから再起動で復旧しました。
 
 液晶画面を跳ね上げるとちょうどCMOSあたりがほかほかの温度でしたので、その辺にペルチェ素子でも張り付けて強制冷却したら撮影時間を延ばせるでしょうか。
 Panasonicの4K対応新デジカメではCMOSまわりの熱処理に対応したためカードがいっぱいになるまで撮影可能だそうで、ビデオカメラの領域に到達してますね。NEX-5Rはそのようなカメラではないようです。

 NEX-5Rでインタビュー映像を制作したいと思いつつ、やはり連続撮影時間の壁には気を付けないといけないなと。カメラがあっちっちになったのでお待ちくださいとはちょっと言えないでしょ! 24Pでの撮影ならもっと長時間の連続撮影実績がありますけど、60Pはなかなかハードルが高いです。 新型のα6000とかは連続撮影時間が伸びていたりしないんでしょうかね。。。。。。 NEX-5Rを手放してα6000にでもして見ましょうかね・・・・・・




[PR]

by gontamaru48 | 2014-04-06 19:41 | NEX-5R | Comments(0)

MDR-7506 ヘッドフォンの改変

MDR-7506、撮影現場へ投入しました。 

 撮影時のモニター用途ですので、とにかくどんな音が流れ込んできているか確認できないといけないわけで、MDR-CD900ST改 より低域は聞き取りやすい感じです。ただ音の定位があまりはっきりとはわかりません。ぼわっと混じっているような感じ。 今回の現場では、エアコンの超低域ノイズにMDR-7506にしたために気が付くことができました。ずっとボコボコ言っているわけではなく、時たまエアコンの動作状況によって耳を圧迫するようなぼこぼこノイズが発生していたようです。MDR-CD900ST では聞き取れなかった低域ノイズでした。
 でもって MDR-7506 の改善したい点は音像の定位位置がもっとはっきり分かるようになればと。この点は MDR-CD900ST改 を基準に考えてそれに近づけたいです。カールコードが重くてあまり好きではないのと、手持ちの太さ4mmほどの4芯シールドが2mほどまだ残っているのでリケーブリングで行こうと。プラグは悩みますね。6.3mmの標準プラグだけで良ければしっかりしていてかんたんですけど、相手の機材はミニプラグが多い。でもって、MDR-7506 で使われているミニプラグに標準プラグをねじ止めできるようなジャックのパーツとしての販売先を探してもネット上でまだ発見できていません。それなりの数がヘッドフォン用に使われているのでどこかしらにはあると思って捜索継続中。 見つからなかったらまあしょうがないので手元にあるノイトリックの標準ジャックにしちゃおうかな。
c0078490_01284845.jpg

[PR]

by gontamaru48 | 2014-04-06 01:45 | 音声機材 | Comments(0)

本日のお買いもの:SONY MDR-7506

c0078490_00042369.jpg
SONY MDR-7506

SONY のヘッドフォン MDR-7506、導入しました。 今までMDR-CD-900ST のケーブル交換改造版を使っていてもう一つヘッドフォンが必要になったので同じものをもう一つとも考えながらも、ちょっとお安かったのでMDR-7506お買い上げとなりました。
 こちらは折りたためるタイプのハンガーになっていてその分だけ渡り線の屈曲度が高くなるためか、900STではハンガー部の溝に線が押し込まれていたのが、外側を這っています。
 7506は900STより音楽性があるような鳴り方をしています。低域もしっかりしています。高域もちょっと派手かな?パッドの押し当て圧力があまり強いと頭が痛くなるほうなので、ぐいっと力を込めて曲り度を下げました。 ただ900STはケーブル交換後、音像の定位が抜群でどこで何が鳴っているのかよいくわかる状態で、だからモニターヘッドフォンなんですけど、7506は、現状では音がまじりあっているような印象。カールコードをやめてLR独立コードに変更するとたぶん定位的にはよくなるように思います。半分壊れかかっているめちゃ安ヘッドフォンが転がっていて、そのコードが左右別々に先端まで伸びているタイプなので片付けがてら部品撮りしちゃって取り換えてみようかなと。
 イヤーパッドは900stの方が薄いみたいですね。モニタリングでヘッドフォンを使い始めるとほぼ1日中使ってますのでお気に入りの使い心地でないと疲労感UPと能率ダウンのダブルパンチを食らいそうです。

 会社で私は使っていないのですが、V6でしたっけ、隣で使っていて、私にはちっとも合わない感じで900STを愛用しています。携帯しやすい7506、これが便利だったら900STも折りたたみタイプに改造するかもしれませんが、折りたたまらないのもそれなりに使い勝手はよいと思ってますのでどうなりますか。

c0078490_00361451.jpg

[PR]

by gontamaru48 | 2014-04-03 00:36 | 音声機材 | Comments(0)