2TB 1号機の不調

 もう3か月ぐらい前になるでしょうか、2010年1月に購入した WD20EADS 2TBドライブ、 うちの2TB初号機が、年末あたりから不調になってまともにデータが読みだせない。 checkdiskでディレクトリは復元できたのでディレクトリのみ読めるんですが、100MBぐらいデータが流れると止まってしまいます。
 起動して一番最初に小さなファイルなら何とか読み出せますが、なんだか脈打つように流れてくるような。

 でもってどうもコントロールしている基盤が怪しいと、正常動作しているドナードライブを準備。

WD15EADS, WD20EARS, この2台、基板の見た目は一緒、書いてあることもほぼ同じという事で交換してみましたが見事認識せず。容量&型番違いが原因かと、 不調ドライブと同じWD20EADSをY!で入手。 不調ドライブより製造時期が半年ほど早いようですが、同じ型番だし、うまく読み出せる?っとおもったらまたしても認識せず。 元の基板に戻すと、認識だけは瞬時にOKと。

 そこにファイルの痕跡が見えているのに読み出せないのはなんだかクヤシイです。 またまたWD20EADSを探してきてしまいそうです。

前回チャレンジ分、、失敗。
c0078490_2223647.jpg

c0078490_2224795.jpg

c0078490_223182.jpg


今日のチャレンジ分、同じ型番なら何とかなるかと思ったけどまた失敗。
c0078490_2245517.jpg


ブログを見ているとヘッドが怪しいHDDと基盤が怪しいHDDのニコイチ作戦で1台復活という記事もありましたから、うまくロットがあっているとか何か条件がそろえばいいのですが。
2TB分読み出す半日だけ稼働してくれれば十分なんですけどねぇ。。。。 そのあとはRMA取って交換行き!
あと8か月ぐらい猶予があるのでもうちょっと粘ってみます。
[PR]

by gontamaru48 | 2012-03-26 22:07 | HDD関連 | Trackback | Comments(0)

Windows8 カスタマープレビュー

 以前だったらリリースされたとたんに試したくて突っ走っていた方でしたが、今回はちょっともっさりと行動開始。

 サブPCに余っていたWD の500GB、1台突っ込んで、 Win8プレビューの64ビット版のISOイメージを落として板に焼きました。
 最初勢いでネットからのインストールを始めたら、ちょっと考えたらあたりまえなんですが、アップグレードインストールしか選択できなくて、プレビュー版でアップグレードもなんなので作業中止。
 イメージファイルのダウンロードに切り替えてDVDからブート。 これでやっとお望みのパーテーションへインストール開始です。
 追加したHDDにはOSが入っていましたが、もう起動することもないので一気にフォーマット。 何が入っていたかなんて忘れてるのできにしな~い。

 ただいま作業進行中。 もうちょっとしたら起動するかな?
[PR]

by gontamaru48 | 2012-03-18 14:32 | パソコン | Trackback | Comments(0)

RMA のドライブ 帰還

2月18日にシンガポールへ発送したウェスタンデジタルの不調ドライブ2台、本日戻ってきました。 本当は昨日5日に配達されていたんですが、不在で受け取れず。

 複数台での配送のときは20台用の箱で来るってどこかに書いてあったんですが、本当にでっかい20台用の箱に2台だけ入って届きました。 ドライブは WD20EARSの新品のようです。ラベルは正規の緑ラベルでした。白ラベルのリペアドライブが届くかと思ってたんですけど。
c0078490_21401996.jpg

c0078490_21403266.jpg



 早速2台ともフォーマット。 初期動作はとりあえずPASSです。 
 CristalDiskMarkで E-SATA、ポートmultiplier 経由で 1GB 読み込み122MB、書き込み116MBほど。まあこれぐらいでしょう。
[PR]

by gontamaru48 | 2012-03-06 21:41 | HDD関連 | Trackback | Comments(0)

外した REX-PE30s

 メインPCで使っていた RATOCのESATAカード、REX-PE30s、REX-PE32s の導入で入れ替えで余ってました。 机の上で転がってたんですけど邪魔なので… サブPCへ突っ込みました。 今のところ使う予定もないんですが、サブPCはESATAポートが無いもんで。 せっかく突っ込んだので RATOCの BIOS 設定ソフトで HDD起動用の BIOS部分を消去。 やっとこれで立ち上がり時に待たされることはなくなりました。 外付けのESATAドライブからOSを起動することは考えてないので、起動できなくても困ることはありません。

 以前、ドライブがぶら下った状態かつ、32s、30sと2枚刺さった状態で BIOS 設定ソフトを起動させたら、ドライブを繋がないで‼って表示が出た途端マシンが落ちて再起動していまいました。 これで懸案事項 1つクリアです。)^o^(
[PR]

by gontamaru48 | 2012-03-04 22:16 | HDD関連 | Trackback | Comments(0)

小間物、買いました

古いパラレル IDEドライブがゴロツイテいて、何か使い道はと。 あまりなさそうなんですが、とりあえず稼働させてみようかと。

 Amazonを検索したら IDEー>SATA変換基盤が 1個 840円、送料なしで出てたので2個ゲット。 外付けはポートマルチプライヤ経由でのSATAポートがたくさんあるのでIDEのままよりSATAに変換した方が楽ちん。 IDEドライブとしてはうちでは最大容量の300Gと250Gのドライブにセットしました。 このドライブ、過去の写真倉庫になっているのでたまに参照することがあります。
c0078490_21555752.jpg


 速度はUSB2.0接続よりはちょっとだけましかな?小さいファイルだったらOSのキャッシュが効くので瞬間でコピーは終わってのんびり後で書き込んでくれるので使い勝手もまあまあ。

 しかしディスクの容量面で考えたら、もう古いIDEドライブの出番はありません。100G以下のドライブはもう完全処分対象。ヘッドを動かすためにある磁石が強力で何かと使い道があるため分解してそれ以外の不要パーツは廃棄と。 プラッタはなにげに美しいのでなんとなくDVDのスピンドルケースに放り込んであったりしますけど。

 5台スタックしても500Gにならないって。。。ましてや3TBドライブと比べたら何十台並べても対抗不可能っぽいぐらいの小容量となってしまいました。 製造年を見ると大体2002-2004年あたりのドライブ。 バックアップ用のデータを書き込んで、またまた当分冬眠状態ですね。
c0078490_21554331.jpg

[PR]

by gontamaru48 | 2012-03-04 21:57 | HDD関連 | Trackback | Comments(0)