本日の工作:ミニUSB -> マイクロUSB

最近めっきりと目にすることのなくなってきたミニUSB端子。まあ最近のUSB端子の種類の多さって、本来のUSBのUの部分、「ユニバーサル」なところから外れているとしか思えないんですが、もう数年したらUSB-Cタイプに収斂していくんでしょうか。

c0078490_13063293.jpg

 さて本日の工作、ガラクタボックスをガサゴソしていたら、過去に使っていた携帯の充電器、KYOCERA の小型充電器が出てきて、充電器から直接コードが伸びていて先端はミニUSB。 ミニUSBだともう使い道が見つからない、、、でもって、SONYのワイヤレスマイクの UWP-D11の受信機側に外部外部電源としてマイクロUSBで給電してあげると乾電池が不要になる!!ということをやりたくて、モバイルバッテリーで駆動したりPCからマイクロUSBのケーブルで給電してみたりしておりました。

c0078490_13194531.jpg
こんなやつ。小さくて直接コンセントに挿せます。

 モバイルバッテリーでの給電は問題ないですけど、PCのUSB端子から給電すると電源ラインにむちゃくちゃノイズが載っているようで受信音声にピーガーッみたいなノイズがしっかり混じってしまいます。まあPCの中はデジタルノイズ源ですからしょうがないですね。 ACアダプタのスイッチング電源では可聴周波数よりノイズ周波数が高いのか、ほぼ影響が出ないようで、似たようなACアダプタでは問題なく駆動できたため、1セットACアダプタで運用中なのです。
 さらにもう1セットACアダプタで駆動させたくて今回の工作実施。

c0078490_13063686.jpg
ミニUSBをプッツンとちょん切って、これまた充電専用のマイクロUSBコードのA端子オス側をプッツン。あとははんだ付けと熱収縮チューブで養生して作業完了。 

 ところで充電専用といわれるマイクロUSBケーブルって本当に内部の線は2本、プラスとマイナス分の赤黒戦しか入ってないんですね。これでデータ転送しようなんて繋いでも無反応なのは当たり前ですね。電力だけ供給されるので機器によってはアクティブになったふりをしながら当然ながらデータ転送はできないという、なんとももどかしい状態に突入しちゃうわけで、でも世の中マイクロUSB端子は充電端子としての役割が大きくなっていて、これがUSB-Cに切り替わる迄にどれぐらい時間がかかるのやら。。。


::本日のカメラ::
SONY α6300 COSINA MC COSINON-W 28mm F2 Kマウント+ K&F CONCEPT K-Eマウントアダプタ HELICOID EXTENSION TUBE K

このCOSION-W、学生の頃に明るいけど安いレンズがほしくてバイトして購入したような気がします。もうウン十年たってしまったのねぇ。。。



[PR]

by gontamaru48 | 2017-11-03 13:34 | 本日の工作 | Comments(0)