NEX-5R で60P撮影・・

大したことはしていないのですけど、NEX-5Rで60Pのビデオ撮影をさせると、10分ちょっとすぎたところでオーバーヒートしちゃうようです。今まで短いものしかとっていなかったので気になることもなく使っていました。 今回カメラを固定して60Pの撮影を実施したら10分ちょいあたりで温度警告表示が出てそのまま放っておいたらその後2分? もうちょっとかな?した時点で勝手にシャットダウン。電源が落ちました。すぐ電源を入れ直すと「システムエラー」と表示されてNG. しょうがないので5分ぐらいほっといてから再起動で復旧しました。
 
 液晶画面を跳ね上げるとちょうどCMOSあたりがほかほかの温度でしたので、その辺にペルチェ素子でも張り付けて強制冷却したら撮影時間を延ばせるでしょうか。
 Panasonicの4K対応新デジカメではCMOSまわりの熱処理に対応したためカードがいっぱいになるまで撮影可能だそうで、ビデオカメラの領域に到達してますね。NEX-5Rはそのようなカメラではないようです。

 NEX-5Rでインタビュー映像を制作したいと思いつつ、やはり連続撮影時間の壁には気を付けないといけないなと。カメラがあっちっちになったのでお待ちくださいとはちょっと言えないでしょ! 24Pでの撮影ならもっと長時間の連続撮影実績がありますけど、60Pはなかなかハードルが高いです。 新型のα6000とかは連続撮影時間が伸びていたりしないんでしょうかね。。。。。。 NEX-5Rを手放してα6000にでもして見ましょうかね・・・・・・




[PR]

by gontamaru48 | 2014-04-06 19:41 | NEX-5R | Comments(0)