UWP-V1 ワイヤレスマイク受信機 運用開始!

c0078490_15284015.jpg
 怪しい? 電圧レギュレーター経由でワイヤレスマイクのUWP-V1の受信機を外部電源で駆動し始めました。 電源はSONY PMW-200の隠し?USB電源端子から頂戴しました。ちゃんと5V 0.5Aってシールで書いてあった。普段はここはネジ留めでふたがされています。オプションのWiFi機器を繋ぐための端子なのかもしれません。このオプションの純正WiFi機器が10万円ぐらいしていたようで、縁がありませんでした。

 写真の一番左端にもう一個メクラ蓋がありますね。これを外すとミニUSB端子が出てきます。こっちの使途はちょっと不明。これまたWiFi関連なのかも????

 今回制作した電源レギュレーターが思いのほか最終形態が大きくなってしまったので、スタジオ固定での使用以外使いにくくなってしまいましたが、2号機を作成するならなんとか電池フォルダ内に収めてカメラ運用時でも使えるようにしたいと思います。 まあUSB給電可能&MIシューでカメラに直結できるUWP-D11を買えばこんな苦労はいらないんですが、UWP-V1のセットは5セットほどあるし、ハンドマイクセットの2セット分の受信機もあって、合計7個の受信機があるのでもう1個ぐらいはUSB給電方式で使えるようにしておいた方が便利かなと。

 制作部材費用は余り物のUSBケーブルと、レギュレーター基盤が数100円、あとバッテリーケースの電池の端子部分をどうやって作るかに苦労するだけなので、出費は最小限で済みます。工作工賃を考えると大変だけどね! まあそれは好きでやってるので0円ですな。

 UWP-1Vのバッテリーケースはたぶん保守部品で販売されていたと思うので、それを使って作ればバッテリーでの運用にも支障をきたすことはないでしょう。今回制作したものも乾電池ケースそのものなので簡単に外せます。+ドライバーがあれば配線を外せるので乾電池運用に戻すこともまあ出来る状態です。

 受信機はいつも RolandのVR-50HD AVミキサーに繋がって固定使用のため、USB給電方式にしたことで受信側の乾電池が不要になって乾電池の消費量が半分になり、送信側のボディーパックの電池だけを心配すればいいという、気を使わなければならないポイントが1箇所減って良かったね!という感じです。


[PR]

# by gontamaru48 | 2016-07-09 15:58 | 音声機材 | Comments(0)

Edius 7 7.53 発進‼

c0078490_13094726.png
7月7日に 7.53の配布が始まりました。 H264の出力がなんかとっても遅いと思っていたらなんとバグってQSVが効かない状態だったそうな。  4KのH264出力が地獄の実時間6倍程度かかっていたのでなんか変?と思っていました。 早速時間短縮されるかテストしてみたいと思います。

 そろそろうちでもEdius Pro8へ乗り換える機運が高まってきました。 6.5を使っているPCをWin10にUPする必要が出てきて、ならばPro8へ乗り換え!!!という流れ。 さてどうなる?


[PR]

# by gontamaru48 | 2016-07-08 13:15 | Edius | Comments(0)

UWP-V1 ワイヤレスマイク受信機の外部電源化

c0078490_14583314.jpg
 えー、、すでに廃版!!の UWP-V1。。。。 送信側の付属のマイクの音質があまりよくない、 たまにふわっと切れたような雰囲気になるなど、いろいろ問題もありますが、これしかワイヤレス系は持ってないので・・・・3セットほど運用中。後継機種の UWP-D11も使ってみないとどんなもんかよくわからんですが、とにかく使ってみたいなと思いつつ、、、 電源の単3乾電池の消費量を何とか減らせないか、あっという間に山のようになる中古単三乾電池の山を見てミキサーに直結している受信側だけでも外部電源化できればということで構想1か月、制作半年、、、(単にほったらかしていただけともいう)。 やっと完成。 当初バッテリーケース内に基盤を収めようともって作業を進めたんですけど高さが余ってしまって収められず。コンデンサーを背の低いものと交換するか、寝かして取り付けるようにすれば入ったかもという感じですけど、今回は中間にBOXを挟む方式で妥協。 あ、電源はUSBの5V電源です。5Vから2V降圧して3Vを供給するように調整。青いパーツのねじをぐりぐり回すと電圧の設定ができます。ちょっと回しすぎたら1Vまで落ちちゃいました。電圧を測りながら少しずつ戻して設定して最終的には3.05Vにセット、瞬間接着剤を垂らして調整ネジを固定。 部品代は全部で500円ぐらい? 連続安定稼働を確認中。。。 問題ないみたい。 これでスタジオでミキサー直結の受信機は乾電池不要となり、乾電池の消費量を半分にできて、バッテリーライフの心配も半分に>^_^< 

  今販売中のUWP-D11 ならもともとUSB給電できるのでこんな心配はいらないんですけど。。。。 オプションを使えればカメラの機種にもよりますけど、MIシューに直結出来てバッテリーの心配もいらなくなって音声配線も不要になるなど、いろいろメリットがありますね。 D11はマイクの音質が問題で使い勝手が難しいとかいう評価も見たんですが、、まだ使って見ていないので評価できません。 


 基盤を収める箱をダイソーで物色。Sサイズピルケースをちょっと削って配線を出せるようにして完成です。 ピルケースよりもう一回り小さくてちょうどいいものがあったんですけど、厚みが若干不足していて使えませんでした。=3



[PR]

# by gontamaru48 | 2016-07-03 15:40 | ビデオ機材 | Comments(0)

WD のリペアドライブ

c0078490_06204730.jpg

ウェスタンデジタルの不調になったドライブでまだ保証期限が残っていたものをRMAを取って交換してもらったドライブ3台。2台はREDシリーズ、4TBだけGreenのもの。 パーツも修理上がりのようで再利用品のようですが、性能的には問題ないはず。

 今回は2台、3TBと4TBを交換してもらいました。リペアドライブはラベルは白ラベルですね。タイ製とマレーシア製、送り元はベトナムとなっていました。

 私の使い方だと大体2年ぐらいで元気のないHDDは不調が出てくる感じです。以前シーゲート製の3TB HDDが立て続けに5台飛んで痛い目に遭ってますので、不調が出てきてもなんとか読み出せることの多いWD製のHDD、お気に入りです。まあ壊れないに越したことはないんですが・・・・



[PR]

# by gontamaru48 | 2016-06-28 06:29 | HDD関連 | Comments(0)

4年ぶりにCPU交換 i7 3770K

もう時期的にはマザーボードからメモリー、CPU、GPU全部交換の時期に来ているメインPC. 今使っているのがGIGABYTEの GA-Z68X-UD3H-B3という、SandayBridege 時代の4年前のマザー。 i7-2700K で安定稼働していました。 
 ちかごろ4K 映像を扱うようになってどうにも力不足。 Y!オクを覘いていたらこのマザーで使える最終ハイエンドCPUが i7-3770K IbyBridge なので、以前からなんとなく見ていたんですけど、さすがに新世代のCPUが発表になって一ランク以前より落札価格が下がったような気配。  サクッと落札して交換してみました。
 Win7の認証が外れることもなく、ドライバー周りの再インストール、、をっとまずCMOS クリアしないと立ち上がらなかったっけ。BIOS周りの再整備、起動ドライブの設定などごたごたを整理してなんとか復旧、交換完了。うんと古くなってしまっていたCPUをそれなりに古いCPUと交換と(''◇'')ゞ
c0078490_23150473.jpg
 
 GPU まわりで Iby Bridge に交換するとPCI Express3.0が使えるようになるはずと、そうなるとビデオカードの能力を最大限引き出す土台ができる!と思ったら、2.0ならx16、3.0だとx8でしか駆動できないみたい。なんだ、帯域一緒じゃん。もうちょっと検証が必要な感じですが、いまのところも初期の目標を果たせていない。。。。使用感もほとんど変わりません。まだ試していないのはQSVのエンコード速度。 SandayからIbyになってQSVは早くなったという評判なのでここだけちょっぴり期待してます。

 今使っているマザーの搭載可能メモリーの最大32GBをすでに載せてCPU、これ以上新しいCPU派の世良らない!という最後!の3770Kを載せてまあ自己満足。 本来の4K編集サクサクをめざすのならソケット2011系のx99系のマザーボードに6コア以上搭載しているCPUあたりでメモリー最低でも64GB搭載しないとダメでしょう。4K編集・取り扱いはHDとは違って大変だねぇ。。 当然ディスク周りもバシバシNVMe とかSSD多数搭載とか、GPUもミドルハイあたりを載せるとか、結局全部交換ですね。。。




[PR]

# by gontamaru48 | 2016-06-17 23:16 | パソコン | Comments(0)

SONY α6300とシューティンググリップの正しい?使い方!? 

c0078490_20191037.jpg

とりあえず購入したシューティンググリップ、手振れを抑えられるかと思ったんですが、まあ効果なし。 ということで1か月ほどお蔵入りだったんですが、α6300 に16-50mmのパワーズームを付けると超解像ズームのx2.0倍処理と合わせて100mm相当まで使えるようになります。 18-105mmのパワーズームだったら210mm相当まで使えることになりますね。
 最近10-18mmズームをよく使っていて広角側の10mmはとてもいいんですが、18mmまでというのがちょっと物足りない。何とからなない???と考えていたらメニューにズームの項目が。 x1.0からx2.0までお好きな倍率で拡大できるんですね。うまく使うと10-36mmズーム同等として使えるかも? でもいちいちメニューから呼び出していては固定的倍率が必要な時以外はまあ使用不可能な雰囲気・・・・ 400mmレンズを800mm相当で使いたい場合などデジタルエクステンダー付きと考えれば便利かな???? とかやっているうちにはたとさらに考えました。  シューティンググリップにズームレバーついてたじゃん。。 このレバーを使うといつでもx2.0倍までズーム操作ができます。ついでに録画スタート・ストップもとってもやりやすくなります。

 この超解像ズーム、なんと4K撮影でもx2.0倍まで使えちゃうのは驚き。 業務機のPXW-FS5に搭載された超解像ズームは4Kではx1.5倍までだったんですが、画素数の多いα6300ではその制限もなし。 なんと進化しておりました。

 このシューティンググリップ+単焦点レンズでなんと2倍ズームに変身する技が使えます。WOW! ビデオ撮影ではx2.0倍かけてもそれほど解像感が落ちないような気がします。大きく映し出されてより細かいところが見えるようになるためでしょうか。4Kといっても必要画素数は800万ですから2400万からすれば何とかなっちゃうんでしょうかね。。。。


 さて、このズーム技、イメージサークルが小さいレンズを使う時にも蹴られているところを隠す、使える技になりそうです。
ENG系のB4マウント2/3インチ対応レンズにx2光学エクステンダー入れてちょっと蹴られるところは1.5xぐらい超解像ズームするとレンズが暗くならずに使えるようになりそうな気がしてます。だれか試してみて!!

 

[PR]

# by gontamaru48 | 2016-06-12 20:35 | α6300 | Comments(0)

Edius で 音声編集順調!!

えーっと、私のことろで稼働しているEdius Pro 7.52 でのお話ですが、 マイク3本で3人の掛け合いナレーションを収録した音声のWAVEファイルをどうやって編集するかと、横トラック方向の編集に強いのはなんといってもEdiusの出番!

 音声の収録は Roland のレコーダー R-44 でモノラルx3ファイルモードにしたので、レコーディングするとモノファイルが3本出来上がります。縦の時間軸は当然ぴったり合っています。 録音のカットごとに「年月日時分秒.pjt」 というフォルダの中に1.wav, 2.wav, 3.wav という感じでファイルが出来上がっていきます。

さて、Edius でどうやってこいつを料理するか。 3名のうち2名が同時に話すことはなく、一人ずつ、順番にしゃべります。3本のマイク音をそのままミックスするとしゃべっている人以外の2本のマイクで部屋の反響音を拾いまくっていてぼわーんとした芯のない音になってしまうのでしゃべっている人のマイクのみをONにしたい。 ある時点では1トラックだけがONになっている状態が理想。ならばマルチカム編集すればいいじゃん・・・・ 
 
c0078490_22495702.png
 
 えーっと、「モード」のメニューから、同期モードを「クリップのインポイント」に設定して F8キーを押してマルチカムモードに入ってから、 1.wav, 2.wav, 3.wav を下の方の Aトラックへドロップすると縦にきれいに並んでくれます。 A トラックはマルチカムモードでの切り替え対象にならないので、Edius 名物?の VA トラックを3本用意して、AトラックからそのままVAトラックへ縦移動させて準備完了。 耳で判断したり、ラウドネスメーターの助けを借りたりしながらノーマライズのレベルを各トラックごとに決めて、さらに背景雑音カットのために iZotope の denoiser を放り込んでバックグラウンドノイズを完全カット。 不要部分のカット編集には C、N、Mキーで軽快にスパッと切り捨てて対処。 ふぅ。

 つぎ、やっと本番のトラック切り替え編集に入るんですが、つい最近まで知らなかった機能を発見。 

 えーttっと、モノの音声をAトラックに貼ると、デフォルトでは トラック1はLへ トラック2は Rへ トラック3はまたLへ と振り分けてくれちゃいます。余計なお世話なんですけど、、、、。 きっと何か設定の問題があるはずと思いつつもいちいちパンポットをいじってセンターに移動させてから編集していたんですけどカッと部分が大量にあるとほんとめんどくさいというか、あまりにもカットポイントが多い場合は一括修正が出来ないのでもうほとんど不可能状態。あきらめの境地。。。

そんな時、MIXERのパネルを見ていてあら?このアイコン何? というものを発見。

c0078490_22494935.png
 
 基本的なモード切替がこんなところに有ったのね! しらなんだ・・・  Ediusを Ver5から使っているのでかれこれ6年ぐらいにして初めて知った。ここのモードを切り替えるとトラックマップの配置のベースも切り替わるなんて知らなんだ…。  ここのモードを「モノ」にすれば大量のパンポットバランスをいじるなんてメンドッチイ作業をしなくてもセンターでまともにモニタリングできるようになります。 もっと早く知っていれば、、あの半日作業を返して…orz..

モニター環境も整ってあとはテンキーの1,2,3で必要なトラックにホイホイと切り替えながら進んでいけば出来上がり。  

さて出力時のももう1点落とし穴が。 非圧縮WAVE で出力しますが、音声モード変換で1chにすると Lチャンネルに割り当てられていた音しか出てこないなんて知らなんだ。なんか音が足りないなと思ったんですけど・・・・ なので2chで出力して後で別のソフトのバッチモードを使ってモノ1chに変換、ファイルサイズも半分になってやっと出来上がりでした。 内容のOKがでたら次には悪魔のMP3圧縮が待ってます。 どこまで圧縮するの??????

 すごくいい音質で収録できたんですけど、使ったマイクが3ホンとも機種がバラバラ。音の特徴も全然違う。 ガンマイクのはずなのに横の音を拾いまくりとか、音は堅い目だけど本当に正面しか拾わないVoice用マイクだとか、各マイクの特性がよくわかって楽しい録音でした。 

 やっと編集、出力が終わったと思ったら日曜に追加収録したものもがドカッとまた降ってきました。ワうxxx。



[PR]

# by gontamaru48 | 2016-05-24 23:33 | Edius | Comments(0)

SONY LA-EA3 入手・・すれども・・

c0078490_21273921.jpg
 
 SONYのAマウントー>Eマウントアダプタの LA-EA3 を入手。 Aマウントレンズで遊んでみたい・・ということでY!で落札。新品同様。 送料を合わせたら新品をショップで買うのとあまり違わない価格になってしまった。Shop価格を超えるようなねじれて反転事態にはならずに済んでよかった。

 ところでAマウントのレンズは往年のミノルタのレンズ軍がたくさん低価格で出ていておいしそうなんですが、Aマウントレンズについてよく知らなかったためいろいろと情報収集してみたら、ボディー内モーターがない場合、(まさにLA-EA3アダプタのこと)SSM SAMというレンズ内に駆動装置を持ったものでないとAFは動かないとのこと。まあ当然ですね。 ハーフミラーの入ったLA-EA2, EA4ならAFを駆動するためのモーターがマウントアダプタに入っているのでAマウントレンズ全部に対応可能ということなんですね。 よーしらなんだ。

 古いAFでもAFをあきらめて、手でピンとあわせができるタイプならとりあえず使えないことはないはず。。。 中古やさんでめぼしいレンズを直接取り付けて試して見るのがよさそうですね。 

 今、Aまうんとレンズで使ってみたいのが ~300mm までのズーム。 SAM タイプだと 現行商品かな? ちょっとお遊びで買うには高価で問題あり。。。 お遊びレンズは1万円以下がよろしいようで。 マウントアダプタがあってもAマウントレンズ持ってないので今のところただの”ワッカ”出しかない状態。 まあEマウントのレンズを通常撮影では困らないところまでそろったのであわてずゆっくりレンズ沼に沈んでいこうかと思うのです。

PS. その後、とりあえずAマウントレンズ1本購入しました。 80-200mm のズーム、200mmまで使える割には小型ですね。 マウントアダプタがLA-EA3なので当然のようにAFは使えずマニュアルフォーカス。でも絞りは本体からコントロールされて動いているので、まあ使えるかなと。 をっと価格は498円! 溜まっていたTポイントを使ったもんで現金154円で入手。 安・・・・。。。



c0078490_15153199.jpg
難あり品でしたけど、単に古いだけでレンズの曇りも見当たらず、問題ないようです。レンズ横のレバーで開閉できるレンズバリアもついていてレンズキャップを外すことなくぱかっと開いてすぐ使える。コンデジみたいなレンズです。最初のお遊びレンズとしては上等です!  ボディーは NEX-5Rのタッチフォーカスと相性がいいようで、拡大したいところをタッチするとドカンと拡大表示になって正確なピント合わせができます。α6300より相性はいい感じでした。 ボディー軽いし。。。

しばらく500円レンズを使ってみて200mm近辺の撮影だと割と無限遠での撮影が多くなるような感じで、ピント合わせも楽チン。1本カバンに忍ばせておくと楽しいです。



[PR]

# by gontamaru48 | 2016-05-18 21:38 | α6300 | Comments(0)

本日のお買いもの:BenQ E2220HD 21.5インチ FHD ディスプレー:中古

c0078490_15481657.jpg
 Y!オクで、まあ落札できないだろうと思いつつ、中古のBenQ E2220HDに入札したらなんとそのまま4千円台で落札。 たまげた。  今までEizoの 1680x1050 のモニターを中古で入れて5年ほど使っていて、やはり解像度は最低でもFHDは欲しいなと。 Eizoのモニターは製造後9年ほどたっていますのでDVIでの入力が2個のみとちょっと寂しい状態。あとメインのディスプレーを ASUS の4Kに入れ替えたため、メインとサブとの DPIの差が大きすぎて使いにくかったためなるべく高DPIのサブモニターにしたかったということもあり、通常流通しているモニタのFHDで一番小さいのが21.5インチということでチョイス。元のEizoのモニターの90DPIから101DPI程度まで高密度化されてちょっとだけ使いやすくなりました。
 
 入力端子もHDMIx2 、DVIx1、 D-SUBx1 と、さらにHDMI入力時などに音声も一緒に流せるので再生用ステレオスピーカーもついて音声出力端子まである。まあなんと今風な感じで。発売は2011年ごろのようなのでWindows7真っ盛りの時代の商品のようです。 今商品を企画したらMiniDisplayPort でも付くんでしょうか。


 実際に使ってみるとFHDで21.5インチというのは何とも使いやすいサイズのようです。23インチ以上のFHDだとなんとなく画素が荒い感じがしますが、小ぶりな21.5インチでは置き場所にも困らす、軽量でいいですね。 ビデオ撮影時のモニターにもこのサイズと重量は使いやすそうです。音も出せて現場でも便利そう^^/

 メインの4Kモニタ、PB279Q と同じDPIだと13.5インチでFHDとなりますが、そんなモニターは存在していなくてもうちょっと小さめのポータブルモニターでFHDというものになると10インチぐらいでさらに高DPIで価格も3万円以上と、ほとんどモバイルしない私にはもったいない。

 さて9年落ちから5年落ちに入れ替えてしばらくこの環境で落ち着くでしょうか。。。 3台目のモニターどうしよう???

c0078490_16102308.jpg

[PR]

# by gontamaru48 | 2016-05-05 16:10 | パソコン | Comments(0)

本日のお買いもの:Anker MicroUSBケーブル 1.8m RED!!

 前から気になっていた Anker のマイクロUSBケーブル、 ずーっとAmazonの ショッピングカートに保存したままになっていて気「になっていたんですが、遂にカートに戻してお買い上げ。

c0078490_14461816.jpg
800円台と割安感がある割には商品はしっかりしています。届いた箱も素敵。ケーブルもナイロン編み上げでそれなりにしなやか。黒ビニールのぶっといやつより扱いやすいです。

c0078490_14461241.jpg
 外側のスリーブを取り除いて箱を開けてみるとApple の包装まではいきませんけど、なんとなく心遣いを感じられるような、買ってよかったなと思わせるような包装の仕方になっていました。 パッケージは中身を取り出したらいずれは捨てられる運命ですけどでもちょっとだけでもとって置きたいなと思わせるようなものって、いいですね。

メーカーのAnkerというとモバイルバッテリーやUSB充電器などでその方面が好きな人には知られてきているメーカーじゃないかと思います。Anker の製品は買ってがっかりということは起きないレベルになっていると思います。 
 このマイクロUSBケーブル、1.8mもあるのでどこに端末を置いても充電&データ転送可能と便利に使えそうです。



[PR]

# by gontamaru48 | 2016-05-05 14:53 | パソコン | Comments(0)

4TB HDD ダウン! ちと痛い

まだ導入して2年にはならないと思うんですが、 WD の Green シリーズの4TB、1号機がダウン。 アクセス不能になってしまいました。アクセスランプつきっぱなしでマシンも半フリーズ状態。 データディスクなのでSATAケーブルを引っこ抜いて再起動でPCは復帰。

 Amazonで入れ替え用HDDを検索。


5,6TBあたりはまだバイト単価が高いので WDの Blue 4TBを選択。 ダウンしたHDDからデータの吸出しが可能かどうか、これから調査です。USB3.0のHDDスタンドならPC本体への影響が少ないので調査には向いてますね。 M/BのSATAだとOSごと固まることもあるので要注意です。
 WDのRMAがまだ取れる時期だと思うので、交換してもらうことになるでしょう。データを吸い出せることをちょっと祈って。。。





[PR]

# by gontamaru48 | 2016-05-02 21:26 | HDD関連 | Comments(0)

本日のお買いもの:SONY シューティンググリップ GP-VPT1



 本日のお買いもの: SONY のシューティンググリップを α6300用に試しに買ってみました。本来Handycam向け、縦長筐体を想定して作られているため α シリーズなどのスチールカメラボディにはちょっとバランスが良くない。。カメラネジの位置はレンズより後ろに来るので目いっぱい手前側で取り付けるのが具合がいいようです。

 ビデオ向けが主用途のため REC ボタンと ズームレバーは使いやすい。ついでにシャッターボタンもついているので写真も撮れます。

 MULTI端子用のアクセサリーを持っていなかったのでどんな感じ?というのが購入した一番の目的のような気がしますが、まあすこしでも安定して撮影できれば・・・・やっぱジンバルが必要かな?
c0078490_12035105.jpg
 α6300 で横に振るとローリングシャッター状態が良く目立つのでとにかくカメラの安定が大事ですね。 ちゃんと固定して撮影するととてもシャープな4K映像が出てきますので固定が大事! 24P撮影だとカメラのパンでもパラパラしますので慎重に!という感じで、60P撮影時の楽ちんさをひしひしと感じてます。
SONYのカメラだと4K60Pが取れるのって、一眼系は全滅? 業務用機でも PXW-FS7まで行かないとだめなのでまだ敷居は高いです。 150Mbps ぐらいで4K 60Pが撮れたらうれしいんですけど。

 今使っているメインPCが拡張カードの関係でビデオカードが PCE-E x8 状態の半分の帯域で使っている関係か 4Kの再生が20フレーム/秒程度しか出なくて大変不満足。 PCI-E も CPUが i7-2700k のため Gen2 のまま。。。 マザーを変えないという前提なら 3770Kへ差し替えて Gen3、x16 にすればビデオカードとの通信速度は現状のx8と比べて4倍になるはず。。。と皮算用。 まあだいぶ古くなってきたCPUからそこそこ古いCPUに入れ替えてもほとんとパワーアップになならないと思われますが・・・・ C/P悪好き。。 プラットホームを 2011V3系に入れ替えるのが最善でなないかと。。。  最低でもマザーボード、CPU、メモリーが必要。。。一緒にビデオカードもGTX-970あたりにしたいですね。。。。ただAdobeの
CreativeCloud ソフトウェア軍が nVidia の GTX-9xx 系を サポートしていないという事実。 TITAN だけだって…


c0078490_12032047.jpg

 PC本体で4K再生がままならないので、しょうがない、カメラ本体と4KディスプレーをHDMIで繋いで「フルレート再生だ!」という状態の写真。 とっても快適^^/ MULTI 端子、形はUSB-Micro 端子ですけどもしかして接点数が多くなっているのかな? HDMIで27インチ4Kモニタをつないだまま撮影するのはある意味衝撃的です。写真を撮影したとたんにFULL解像度でちゃんと写真をプレビューしてくれるので細かいところまでわかります。大型の4KTVに繋いで撮影したら精細感というよりはド迫力でしょうか。

Edius Pro 8 だと 再生時に QSV を使ってくれるみたいなのでひょっとしたらPCが現状のままでも4K再生が追い付くようになる??? まずは PCI-Eの x8 分消費しているE-SATA カードをいったん引っこ抜いて4Kビデオ再生がどおなるか確認することで再生時のフレームレートが出ないボトルネックがどこにあるか探れるかと思います。

[PR]

# by gontamaru48 | 2016-04-29 13:16 | Comments(0)

Edius 8.2!!! 遂に登場

Edius Pro 8 のアップデータ、8.2の配布が始まりました。

今回の目玉、カラーLookup テーブルを当てられるようになること。現時点では8種類ぐらい?内蔵しているもの以外、外部の .cube ファイルなどは読めないようなので対象に入っていないカメラを使っている場合はちょっと辛い。 S-Log3 はもちろん対応しているようなので一安心。

 あとマスクのオートトラッキング!!!!  いままで数コマ動かしてはマスク移動、サイズ調整などをやってました。これがなかなかうまくいかなくて苦戦をしいられることが多々ありました。再生してみるとずれてる!!!なんてね。 とりあえずオートでマスクして必要なところは微調整のみで完成。 うーん イケテル。

 そろそろ7.52ともおさらばの時期が近づいているようです。 7系にあって8系に搭載されていない機能もあるみたいなので、そこんとこ、ちょっと精査する必要がありそうです。7系で搭載したものを8になって落とすなよな!!プンプン


 さきほど機材棚を掘り返していたらつい最近買った49mmのND8フィルタ、棚の奥から同じものが出てきました。買う前に一応捜索したんだけどねぇ。まあしょうがないねえxx。

[PR]

# by gontamaru48 | 2016-04-24 21:49 | Edius | Comments(0)

みんな集まれ~~~~

c0078490_20373913.jpg
 機材棚に仕舞い込んでいたレンズたち、ちょっと並んでもらいました。主に Konica Hexanon 系が中心です。写真に写っているだけで10本はあるかな?
  • Hexanon 40mm f 1.8 4/3 改造版と未改造版
  • Hexanon 50mm f 1.4, f 1.7
  • UC Hexanon 28mm f 1.8
  • Hexanon 135mm f 2.5, f 3.5
  • Hexanon 200mm なぜか 2本
  • Hexanon 300mm F 4.5 これは写ってないけど 2本。
  • あとこれを撮影している、新入り!!35-70mm
  • まだどこかにあるはず。。。。
  • OLYMPUS 4/3 レンズが何本か。
  • CONTAX Planar 85mm f 1.4

此処には写ってないけどPENTAX の K マウント系がちょっと数えて7-8本ぐらい? 400mm f 5.6 とか 400-600mm F8-12レフズームなんて変態レンズも。あとSIGMA の600mm F8 レフもあったはずだけどここ最近見かけていない。どこ行ったかな? 4/3系もカメラバッグに入っているものが3本ぐらいまだあるはず。。。 現在主力のEマウント系が6本ぐらい。ホンと丸い筒状物体があふれてきています。たくさん有っても撮影時に使用できるのはただ1本のみ。うーーーmmm そこんところをよく考えよう。。。 って無駄だって。だって未知の筒状物体が気になるもん。。。

 今気になっているのは ミノルタのレンズ群。 大量に販売されたため中古価格が極端に安い。 ひょっとしたら LA-EA3マウントアダプタ経由でAFも使えて現役並みに使えるかも? というか CONTAX Planar の系列のミノルタの85mm をAFで使えたら面白いかも?というところから始まった話。 85mmは6万前後しますがその他の廉価なレンズが2千円ぐらいでもマウントアダプタが2万弱なのでとにかくマウントアダプタを入手してから考えましょう。。。 もうLA-EA3を買う気になっている? A6300 の像面位相差AFで遊んでみたいだけ・・




[PR]

# by gontamaru48 | 2016-04-24 21:02 | etc | Comments(0)

Konica ZOOM-Hexanon AR 35-70mm F4 一工夫

c0078490_19475898.jpg
 

Konica ZOOM-Hexanon AR 35-70mm F4


 最短撮影距離が0.8mと、ちと長い。あまり寄れないレンズでした。 同タイプのレンズで F3.5 のものがあるみたいなんですが、そちらはピントリングとズームが兼用の直進タイプで0.35mまでよれるようですね。

 なんかないかなぁ?と思っていたら手持ちのOLYMPUS のクローズアップレンズ MCON-35 という E-10、E-20むけに出していたのがネジ径が62mmで、なんと このレンズの外側のねじにドンピシャリと適合。 いっぱいまで締め付けても内側の55mm ねじ部分とは干渉しないようなので安全に使用可能なことが判明。 35cm から 45cmあたりにピントが来るようです。元々の0.8mからすれば半分の距離までよれるので2倍大きく撮れることになります。扱いやすい距離ですね。

c0078490_20012204.jpg

 ルックス的にもちょっとだけ迫力が増すようです^^

c0078490_20034768.jpg
70mm側で35センチ、NEX-5Rで撮影してこれぐらいまで寄れれば不自由はなさそうです。 なんか楽しいレンズだぁ~~012.gif



[PR]

# by gontamaru48 | 2016-04-24 20:07 | etc | Comments(0)