sony uwp-v1 のUSB電源化 2号機

c0078490_20244815.jpg
c0078490_20251040.jpg
c0078490_20253299.jpg

構想半年、製作期間2ヶ月、前回の一号機製作時と同様ほったらかしていたとも言えますがUSB電源化2号機が完成。前回は中間ボックス方式だった物を今回は電圧変換基板の小型のものを探して乾電池ホルダーに内蔵させることに成功。スマートに仕上がりました。
受信側の電圧が下がるとノイズが出てくる可能性が高くなります。USB電源化で安定したワイヤレスマイクの受信ができるようになりました。最近はノイズに悩まされることもなくなっています。電圧は3.1vあたりに設定。

AVミキサーの横に箱を取り付けて落下防止策。安定運用できています。マジックテープをミキサーのラックマウント時に使うネジ穴を利用して固定しています。ネジは3.5φのツバ付き。

しばらく使っていたんですが、念願叶って新型のuwp-d11 が2セット投入されて、マイクロusbで直接給電出来るようになって取り敢えず今回のせいさくぶつは一時引退かもね〜〜(^O^)


[PR]

# by gontamaru48 | 2017-01-16 20:24 | ビデオ機材 | Comments(0)

本日のお買い物:Manfrotto MVA50A 一脚のおアシ

c0078490_22052070.jpg
皆様 あけましておめでとうございます。  めったに更新しないで、ほとんどお買い物メモに成り下がっておりますが、今年もこのペースでいきたいと思いますww

正月休み中にあちこちブラウジング中に引っかかってきたのがこのManfrottoの一脚用足。 三脚を持ち歩くにはめんどくさい、でも一脚だけではやや不安定… おおお、ヨドバシ.com より3千円以上Manfrottoサイトのほうが安い!と思ったとたんにポチ。

 さて、手持ちの一脚が使えるかと思ったら最下段がちと太くて入らない。ぁぅ。。。結局Manfrottoの一脚まで買うことになりそう??? やはりキットになっているものを買ったほうが確実なのね!



でもって、、、 さらに一脚まで購入するのは悔しいので!!!
c0078490_23565715.jpg
 540円で買った一脚の先端部分をちょっとだけ加工して接続成功。  これで使えます。トップにはManfrottoの 701HDV 雲台を載せればビデオ一脚の完成です。 ヘッドを載せるための1/4 - 3/8 インチアダプタの到着待ちです。

[PR]

# by gontamaru48 | 2017-01-11 22:14 | ビデオ機材 | Comments(0)

本日のお買い物:Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS

”ZEISS” マーク付きのEマウントズームレンズ SEL1670z OSS を Y! で6万で落札。新品よりー2万という感じでしょうか。

c0078490_19524001.jpg
 
中古品なので埃の混入あり、ZEISS マークのペイントの端っこ欠けありなど。 軽くてF4通しなので使い勝手はいいですね。 あと付属品としてSONY純正のレンズポーチもついていたんですけど、ゴワゴワして硬くて使いにくい感じ。。。 いままでの中古Eマウントレンズにはレンズポーチはついていたことはなく、OLYMPUS, CANON、 PANASONIC などのSONY以外、社外品ばかり使ってましたのでこの硬くてこわばった感じが割と意外。 しなやかなレンズポーチをまた別途準備することになるでしょう。 あと55mmのまともなレンズプロテクトフィルターも買わなくっちゃだわ。

数日後、MARUMIの55mmプロテクタを買ってきました。デジタル自体のレンズにフィルム時代に購入したフィルタを使うのはやめましょう。

c0078490_19555367.jpg
しばらくα6500とコンビの標準系ズームとして活躍してくれるでしょう(^^♪


[PR]

# by gontamaru48 | 2016-12-29 20:01 | α6500 | Comments(0)

本日のお買い物:SONY α6500

c0078490_22135935.jpg
SONY APS-C のフラッグシップ機 α6500を予約で発売日にGET。 うちの3兄弟(^^♪  一番長く使ったのがNEX-5R で3年近く稼働してました。いまも軽量で小さいので鞄の隅に忍ばせてサブ機スタンバイです。

 α6500は α6300とほとんど同じボディーサイズに手振れ補正を追加するという、やってくれちゃいました感がいっぱいですね。 6300と6500の操作感はほとんど変わらないので持ち替えても迷うことはあまりないでしょう。カスタム設定だけ揃えておいたほうがよいでしょう。

 3機種、あらたしくなるにつれてグリップが成長。だんだん握りやすくなってきています。 バッテリーの持ちは6500の消費電力が増えているようで、確実に6300より持ちません。 6500は最低でも1本は予備バッテリーを持っていたいですね。

c0078490_22225698.jpg
 
 α6500のカスタムボタンのC3は撮影時にはデフォルトでは未設定なので超解像ズームを割り当ててみました。単焦点レンズを多用しているので2xズームが非常用としてすぐ使えるととても便利。

 α6300にもC2ボタンにズームを割り当て。 ついでにNEX-5Rのカスタムボタンにもズームを割り当て。カスタムで割り当てられるボタンはたくさんありますが、C1,2,3に相当するボタンが1,2,3個と新しくなるにつれて増えているのが面白い。

 α6500の手振れ補正にちょっと期待しているんですが、4K24pで撮影してきただけでまだ未評価。同じレンズを2本用意できないので6300と6500の手振れ補正比較をしてみたいんですが、ちょっと難しい。なんか工夫してみるかな?



[PR]

# by gontamaru48 | 2016-12-04 22:31 | α6500 | Comments(0)

本日のお買い物:Newmowa社 SONY NP-FW50互換バッテリー2個+充電器

c0078490_21432509.jpg
本日のお買い物、SONY A6300, NEX-5Rなどで使える(はず)の互換バッテリー2個と充電器のセット。Amazon で 2520円でした。 バッテリー1本千円、充電器500円という感じでしょうか。 充電台へはMicroUSBでつながりますので普段充電用に使っているケーブルをポンと繋げばすぐにセット完了、充電開始となります。なんか最近「MicroUSBで充電」パターンがむちゃくちゃ増えてきていて、USBのつなぎ先があればどこでも充電できるような感じです。充電台には5V 2A以上のポートに繋いでね!と書いてありました。5V 1A などのアダプターだと充電時間が伸びるようです。この場合は1本単位のほうが良いかも? 2本同時にチャージするときは2Aタイプが必須でしょう。 今回は2.1A出力できることになっている充電器につないでみました。特に問題ないようです。

さて、まだ購入直後なので最初の充電中。 あら?終わったみたい。ランプがグリーンになりました! 動作状況や減り具合などはちょっと使ってみてからまた書こうかと。とりあえず100%の表示は出てますね。残量が減っていた時に正しく動くかが見ものです。

純正バッテリーが 7.2W、互換品が 7.8Wと 互換品のほうが10%弱 表示上はハイパワーなようです。さて実際はどうでしょうか。

その後::

  そんなにガンガン使い込んだわけではありませんが、純正バッテリーよりヘリはちょっとだけ早いような気がしますが、Emptyになるまで正しく動作していましたので、残量表示がおかしくて突然電源が落ちるような事態にはならなかったので、十分実用的ですね。 予備バッテリーとして有効でしょう。

[PR]

# by gontamaru48 | 2016-11-19 21:59 | α6300 | Comments(0)

Edius 8.30.1233 発進!

c0078490_14382146.png


InterBee へ行ってまいりました。くたびれました。 まあ時代はもう4K当たり前、次の8Kもにらんでどこ行くの? という感じ。 4K素材の活用もまだこれからなのに時代に置いて行かれそうで何だかもやもやした気分。

 それはおいといて、InterBee の最中に EdiusPro8 の新アップデートが公開になりました。

 新機能として「時間エフェクト」の「速度」で低速化するときに駒と駒の間を演算してきれいにフレームを作って滑らかに動くようにする「オプティカルフロー」という機能だそうです。

c0078490_1537392.png



 50%スローあたりが割と得意みたいですね。また、フレームレートが違うクリップに時間エフェクトと使って合わせる時も「オプティカルフロー」が有効だそうな。
 映像の内容によって、得意不得意があるようなのでとりあえず使ってみて、判断してね!ということでした。

 あとはオーディオトラックが「64トラックに対応」って、どうやってトラックを表示させる? モニターを縦に2台、それも4K モニターがよさげ。。。

 あと細かいことはリリースノートを見てくださいな。


 アップデートを充てる時に、一緒にEdius 7以前がインストールされているとアップデートをインストールしてくれない仕様は何とかしてほしい。 Pro8 が完全に Edius7の機能を全部持っている後継版ならいいんですが、ラウドネスメーターはなくなっちゃうし、オーディオミキサーにあったチャンネルセレクトもなくなっちゃうし、まだまだ「7」の出番は残っているのです。
 64トラック対応しなくていいから過去に在った機能を落とさないで復活してほしい。 ターンキーの Edius Workgroup にはついてるって??? そんなの知らん!

 
[PR]

# by gontamaru48 | 2016-11-18 15:47 | Edius | Comments(0)

本日のお買い物:ONKYO GX-77M パワードスピーカー ジャンク

c0078490_16295697.jpg
Y!オクでジャンク品として出品されていた ONKYO のPowerdスピーカー GX-77M 2100円+送料で落札。 表面の汚れ具合が中古らしさの雰囲気をにおわせていますねぇ~。

ジャンクの理由としてはちゃんとチェックしていない、左のスピーカーへ繋ぐための専用の線が欠品、というあたりでした。 とりあえず、左右個別にチェック開始。 
左のスピーカーは普通のスピーカーの入力端子である、バラ線+-のプッシュ端子なので、GX-70の左のスピーカーと交換して確認。問題なく出力OK!。
では右のメインのスピーカーのチェック、こちらも問題なし。ならば、左のスピーカーへ行く片方ばバラ、反対がピンジャックのコードを作成すれば復活しそうだったので古---いピンコードからピン部分1個拝借。 スピーカー用バラコードの先にはんだ付けして完成。

 このスピーカーの前は同じONKYOの GX-70をもう15年以上使っていたので機種変更はほんと久しぶり。 今回はスピーカー側に光入力端子があったので USB DAC 代わりに使っている Rolandの UA-25EX の 光出力とつないでみました。ついでに今まで通りのアナログ接続も繋いでみました。 アナログ入力側だと左右の音像定位がぼわーーーんとぼけていたのが、光接続にするとピタッと決まる! センターに専用スピーカーがあるがのごとくセンターからちゃんとセリフが聞こえてくる。 左右スピーカーの位相ずれが少ないようです。

 さてサブウーファーへ線をつなごうとしたらまたまた障害。ピンジャックの中にセンターピンが折れて残っていました。これではコードが刺さらない。ちょっと特殊な工具を使って折れたセンターピンの引き抜きに成功。サブウーファーへの接続もOKとなって、システム完成。 ジャンク品として落札しましたけど結局は問題点はすべて解決で、久しぶりスピーカーシステムのアップグレードとなりました。

 以前つかっていた GX-70がだいぶくたびれてきていてそれと比べれば音が安定していて中低域の豊かな雰囲気と光接続で音像定位がピタッと決まるきもちよさとぬけの良さでいい感じです。 平均的な落札価格の 1/3ぐらいで入手できて良いお買い物でした(^^♪


[PR]

# by gontamaru48 | 2016-11-03 16:56 | パソコン | Comments(0)

新品ジャンクを購入 Αレンズキャップ

c0078490_10391104.jpg

カメラのキタムラで新品ジャンクを購入しました。レンズキャップは少し多めに持ってても困る事は無いですね。ただこの色ちょっと派手だね006.gif
[PR]

# by gontamaru48 | 2016-10-02 10:36 | Comments(0)

キターッ! APS-C対応!! sony_epz18-110mmf4G oss

c0078490_12444883.jpg


 パワーズームで 28-135は出ていましたね。 どっちかというとα7系のフルサイズ向きでAPS-Cには係数1.5倍のため、引きに弱いレンズになってました。

 今回、APS-C、スーパー35mmに最適化して出てきました。 これは使いやすい画角です。ただ、価格設定がそれなりにいいお値段。まあシネマ対応ズームとして考えればバーゲン価格なんですが、ビデオカメラのレンズとして考えるとちょっとお高いかも?という感じで、びみょーな値付けになっているような気もします。まあ、自分で買うことができなくてもレンタルする手段が残ってる! 選択肢が増えることはいいことです。
[PR]

# by gontamaru48 | 2016-09-13 12:49 | ビデオ機材 | Comments(0)

Windows10 の 落とし穴 USB3.0 HUB

メインPCのOSをWin7からWin10にして、まあそれなりに動いていたんですけど、どうもUSB3.0の動きが変。。。。
購入してから4,5年ぐらい立っているUSB3.0のHUBとしては初期バージョンのBuffalo4ポート製品を使っていました。Win7ではちゃんと動作していたんですけど、Win10ではUSB2.0のHUBとしてしか動作していない模様。UHBをパスするとUSB3.0のフルスピード、HUBを経由するとUSB2.0の速度。

 ということは本体のUSB3.0ポートは正常に稼働していてHUBが怪しい。 HUBが怪しいなんて考えたこともなかったのでちょっとびっくり。 早速ググってみたらBuffaloのサイトがヒット。なんとファームウェアの書き換えがWin8以降のOSに対しては必要だったみたい。2012年にはUPされていたが、Win7では問題がなかったので気が付きませんでした。

 早速ファームUP実施。 やっとUSB3.0の速度が出るようになりました。 なんてこったい。 



[PR]

# by gontamaru48 | 2016-08-17 15:11 | パソコン | Comments(0)

勝手にWakeup!!

 Windows10に更新して、スリーブモードが全然使えない状態となっていました。 スリーブして電源が落ちたあと、数秒から数分以内に勝手に復帰。 
 電源オプションの復帰に関連した項目を片っ端から無効にしてもダメ。 さらにググってみたら、ネットワークが怪しい!

 powercfg コマンドで調べたら復帰させるデバイスとしてマウス・キーボードとネットワークアダプタがリストアップされた。

 デバイスマネージャーのネットワークアダプタの 「プロパティ」「電源の管理」タブにある

 「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」のチェックボックスを外したらやっと静かに寝てくれるようになったようです。

 もう数日、経過観察が必要な気はしますが、とにかくスタンバイモードが普通に使えるようになったように見えてます。

 あとは、リアパネルのUSB3.0ポートが使えないのをなんとかできれば、よいのですが。。。。 フロント用のUSB3.0だけは生きているので何とかしのぎつつ、解決策を模索中・・・・・

やはり古いマザーに新しいOSは、大変だぁ。。。。


PS. その後、とりあえずセーブモードにははいれるようにはなったんですが、朝起きるともう「いらっしゃいませーーーっ」とばかり起動してました。すぐ使えて便利なんですけど…でもWin10の起動も早いのでそんなに慌てなくてもいいんですけど。。。  もうちょっと解決策、なんでWakeUPしてしまうのか探ってみます。


[PR]

# by gontamaru48 | 2016-08-10 18:04 | パソコン | Comments(0)

古いマザーに新しいOSは難しい。。。

GIGABYTEの Z68系マザーの GA-Z68X-UD3H-B3 Rev1.0 に マザーボードが発売されたときにはまだ存在していなかった i7 3770K に乗せ換えたところからドタバタが始まった模様。

 Win10 にしてしばらく調子よかったんですが、 TIMER_WATCHDOG_TIMEOUT のエラーを出すか、何も言わずにフリーズの嵐に見舞われて、ほとんどPCを使えなくなってしまいました。

 えーーーい、こうなったらダメ元で、BIOSのアップデート。 これでうまくいかないのなら6コアマシンに全部入れ替えるぐらいの覚悟でUEFI タイプのBIOSの 最新の u1n をDOSブートのUSBメモリーを作って更新。なかなかUSBからBOOTできずに悩んでいたんですけど、CドライブのSATAケーブルをひっこ抜いたらUSBからブート。BIOSは無事アップデートできました。

 今回、Windows上で Autoexec.bat の名称のファイルを作るとシステムファイルと認識されて表示されなくなるんですね。初めて知りました。なーるほど。

一番問題となっていた TIMER_WATCHDOG_TIMEOUT 問題は解消したようで、フリーズしなくなりました。  でも 背面のUSB3.0ポートは使えなくなったようです。フロント用のピンヘッダのUSB3.0はかろうじて動いているので、ショーがない、そっちに生き残っている1ポートにつなぎ変えて使うしかないみたい。USB3.0HUBをつなぎっぱなしにするのも手かも。あとは3.0の4ポート程度の拡張カードを買ってくるのも良いかも。以前エアリアの4ポートカードを突っ込んだときはリソースが衝突して動きませんでした。

 だんだん順調になってきたと思いたかったんですが、なんか変? 再起動するとブートドライブを見失ってブート失敗。こうなるとなかなか起動させることができない。 UEFI BIOSの設定をいろいろいじっているうちに全くBOOTしなくなったので、えーーーい、CMOSクリア作戦実行。 いつでもクリアできるようにプッシュ式のスイッチをつけてあるのでちょっとぽちっとな。 DEFAULTの最適設定を読み込ませて再起動したら、あら?ふつーに起動しました。 BIOSを書き換えた後に一度CMOSクリアをしていなかったのがまずかったのかな? 次回再起動の時にもうちょっとBIOSの設定を追い込んでみたいと思います。

 i7 2700k で安定稼働していたマシンにCPU交換という不安定要素を持ち込んだら本当に不安定になった。。。「安定しているPCは触るな!」というのが掟のはずだったんですが・・・・・

  ついでに iTunes のデータをかかえたHDDが不具合を出して読めなくなったみたい。トホホ。。。一応バックアップはあるんですが、1か月分以上の差分が発生していてちと頭が痛い。 バックアップドライブの内容をWDで交換してもらったリペア品のHDDへコピーして復旧作業をしますかね。。。 あーめんどい。



 

[PR]

# by gontamaru48 | 2016-08-05 22:37 | パソコン | Comments(0)

SONY Eマウント FEタイプで有力レンズ登場 SAMYANG 50mm AF!!!

 
c0078490_16540039.jpg
リンク先は日本語になっています。


c0078490_15355708.jpg


ついに発売になった韓国 SAMYANG の Eマウント用 AF レンズ。 50mmで F1.4 といい線行ってます。 SONY からはZeiss 銘柄、プラナーシリーズとして 同じようなスペックのレンズがちょうど発売になったところのようです。 ただ、純正レンズの価格は税込み約20万と、ほいっと買うというような感覚のレンズではないですね。

 一方SAMYANG のこのレンズ、60万ウォン程度で販売が開始されています。単純換算すると今のレートで5.5万円ぐらい。 Youtube にすでにレビューがUPされていて、写りは現代風のシャープで、ボケは9枚絞りできれい、とっても素敵な写りをするレンズのようです。レビューによると、SAMYANGからAFレンズが出てくるのを15年待ってました、と言っていました。とっても期待していた感がひしひしと伝わってきます。AFも十分高速、私のtころは A6300 なのでAPS-C サイズですからFEたイプでなければならないことはないんですが、まあ、先々を考えるとFEタイプを拒否する必要もないかなと。 なんか食指が動きそうだな。像面位相差AFができる機種が対象機種の模様。初期のNEX-5などではMFになる、と書いてありました。まだ国内代理店では販売が始まっていないので韓国から直輸入しちゃう???



4200万画素でも余裕なレンズ

 SAMYANG (삼양옵틱스)のレンズというと各種マウントに対応していますが、マニュアルレンズのみのラインナップで、一般消費者にはちょっと厳しいブランドというイメージだったんですが、そのイメージを変革すべくAFレンズ開発のために2年間の研究開発を行ったそうです。さらに調べていくとSAMYANG自体は韓国唯一の光学専門企業で創立40年程度、もともとは監視カメラなどのレンズ開発からスタートしたようですが、ここ5年ほど海外への一眼レフレンズの販路を広げてブランド銘が知られうるようになってきたようです。Proようれんずとして Xeen(シーン)というシネマレンズシリーズ5本ほど出していまして、コストパフォーマンスが良いという評判ですね。

 えーっとですね、なんでEマウントでAFレンズ開発をしたかについて、記事が出ていました。他社マウントだとロイヤリティーだとか、特許関連の費用だとか必要になるらしいのですが、Eマウントはそのあたりがオープンで、Eマウントで作らせてください!とSONYへ申請すれば製作がOKになるらしいです。SAMYANGのレンズの魅力が価格が手ごろなのによく写る!という点だと思うのでロイヤリティーなどの上乗せになる費用は避けたかったのではないでしょうか。
Eマウントのユーザーからすれば選択肢が増えて大歓迎。

 さらに今後、フルサイズAFで14mmレンズを出す予定があるようです。 なんか楽しみですね。

 

[PR]

# by gontamaru48 | 2016-07-31 15:59 | α6300 | Comments(0)

Windwos10 !!

Windows10 への無料アップデート期間もあと数日。 テストとしてはまっさらなWindows7 をインストールしたところからWin10へのアップデートは半年ぐらい前に試みていて、結局トラブル発生で完了するまでに数日かかった経験を生かして、やっとメイン環境をWin10 にアップデートしました。 今回もアップデートの最初に出てくる選択肢の「アップデートデータをダウンロードする」の、通常選択するオプションで進んでいったら、ダウンロード画面で0%のままピクリとも動かず。2時間ぐらいたった後、諦めてリセット、「今はダウンロードしない」方のオプションを選んだら最後まで進めました。ただディスプレードライバーの更新でドライバーの起動に失敗して画面真っ暗。リセットとか、、、まあそれなりにドタバタしましたけど結局はとりあえず何とか普通に動いているようです。起動時間はWin7よりも短くなったようですね。アップデート時間はうーーmmmm 6時間ぐらいかかった? メモリー32GBのままだとアップデートがうまくいかないことが前回のインストールテストで分かっているのでメモリー1枚引っこ抜いて24GBでアップデート作業、アップデート完了後、 bcdedit で 起動時にメモリーの32GBまでしか使わないように制限して正常稼働。 ちょっくら欲張って32G+256MBの制限値設定にしたらキーボードが使えませんでした。またまた24GBにいったん戻してBCDEDITで修正。。。。

 その他ソフト的にはほとんど問題なかったんですけど、唯一、Edius7.53が起動時に引っかかって立ち上がらない。そのままフリーズ。。。  あらま。

 しょうがないのでUpdata を動かしたらそのままアンインストールになって環境がクリーンに! って何にも入ってないじゃないの。

  7.53のインストールパッケージを USの FTPサイトから落として再インストール。ライセンスはサーバーに戻さず、そのままにしておいたのでするっとインストールでき、普通に起動しました。Edius 7.53は Windows10でも問題なく稼働するといっていいでしょう。ちょっとだけトラブったけど。。。。

 今、HD映像、Mpeg2 17Mbps 程度のものをカット編集作業中。 以前と変わらずとても軽く動いてます。

 現在の課題は、CPU の i7-3770K でQSV、クイックシンクビデオをちゃんと稼働させたいんですが、GPUのGTX-660カードとオンボードビデオのうまい具合に両立させるにに手間取っています。 オンボードもDVIでつなげばいいのかもしれませんが、HDMIで繋ぐと パワーセーブモードに入ったときにディスプレーとの相性が悪いようで、ディスプレーがオフラインになったりオンラインになったりをずっと繰り返す症状が出ています。これが出ると、ディスプレーのセーブモードに入る前のウィンドウレイアウトが総崩れ。片方の4Kディスプレー側に全部ウィンドウが集まってしまう。 なので復帰させるときにはレイアウトをやり直し。 ちとめんどい。 自動ででぃすれーの電源を切るオプションをやめるのが一番簡単な解決方法なんですが、それもちょっと考え物。。。対策検討中。

 Windows10、安定運用になるまでにはもうちょっと時間が必要な感じです。


[PR]

# by gontamaru48 | 2016-07-23 15:33 | パソコン | Comments(0)

Edius 8.20.386 発進‼

c0078490_15205513.png
 やっとというか、遂にというか、Edius pro 8.20 の業務使用を始めました。 Edius7をアンインストールしてからUpgrade版を入れました。Edius ID との連携というのがなんだか煩わしいですけど、まあしょうがない。

 Edius 7 で設定していた固有のショートカットやユーザーエフェクトはそのまま引き継いでくれたようです。あと、Edius 7とあまり変わっていないのがある意味安心感と、残念感が入り混じった状況。 Quick タイトラー、もうちょっと高機能になってほしい! 3D扱えるようにしてよ!

 業務用だと、まあとにかく安定して動いてくれないと困りますんで、落ちないでね‼ お札でも張っておきますか。



[PR]

# by gontamaru48 | 2016-07-15 15:26 | Edius | Comments(0)