本日のお買い物:Newmowa社 SONY NP-FW50互換バッテリー2個+充電器

c0078490_21432509.jpg
本日のお買い物、SONY A6300, NEX-5Rなどで使える(はず)の互換バッテリー2個と充電器のセット。Amazon で 2520円でした。 バッテリー1本千円、充電器500円という感じでしょうか。 充電台へはMicroUSBでつながりますので普段充電用に使っているケーブルをポンと繋げばすぐにセット完了、充電開始となります。なんか最近「MicroUSBで充電」パターンがむちゃくちゃ増えてきていて、USBのつなぎ先があればどこでも充電できるような感じです。充電台には5V 2A以上のポートに繋いでね!と書いてありました。5V 1A などのアダプターだと充電時間が伸びるようです。この場合は1本単位のほうが良いかも? 2本同時にチャージするときは2Aタイプが必須でしょう。 今回は2.1A出力できることになっている充電器につないでみました。特に問題ないようです。

さて、まだ購入直後なので最初の充電中。 あら?終わったみたい。ランプがグリーンになりました! 動作状況や減り具合などはちょっと使ってみてからまた書こうかと。とりあえず100%の表示は出てますね。残量が減っていた時に正しく動くかが見ものです。

純正バッテリーが 7.2W、互換品が 7.8Wと 互換品のほうが10%弱 表示上はハイパワーなようです。さて実際はどうでしょうか。

その後::

  そんなにガンガン使い込んだわけではありませんが、純正バッテリーよりヘリはちょっとだけ早いような気がしますが、Emptyになるまで正しく動作していましたので、残量表示がおかしくて突然電源が落ちるような事態にはならなかったので、十分実用的ですね。 予備バッテリーとして有効でしょう。

[PR]

by gontamaru48 | 2016-11-19 21:59 | α6300 | Comments(0)

Edius 8.30.1233 発進!

c0078490_14382146.png


InterBee へ行ってまいりました。くたびれました。 まあ時代はもう4K当たり前、次の8Kもにらんでどこ行くの? という感じ。 4K素材の活用もまだこれからなのに時代に置いて行かれそうで何だかもやもやした気分。

 それはおいといて、InterBee の最中に EdiusPro8 の新アップデートが公開になりました。

 新機能として「時間エフェクト」の「速度」で低速化するときに駒と駒の間を演算してきれいにフレームを作って滑らかに動くようにする「オプティカルフロー」という機能だそうです。

c0078490_1537392.png



 50%スローあたりが割と得意みたいですね。また、フレームレートが違うクリップに時間エフェクトと使って合わせる時も「オプティカルフロー」が有効だそうな。
 映像の内容によって、得意不得意があるようなのでとりあえず使ってみて、判断してね!ということでした。

 あとはオーディオトラックが「64トラックに対応」って、どうやってトラックを表示させる? モニターを縦に2台、それも4K モニターがよさげ。。。

 あと細かいことはリリースノートを見てくださいな。


 アップデートを充てる時に、一緒にEdius 7以前がインストールされているとアップデートをインストールしてくれない仕様は何とかしてほしい。 Pro8 が完全に Edius7の機能を全部持っている後継版ならいいんですが、ラウドネスメーターはなくなっちゃうし、オーディオミキサーにあったチャンネルセレクトもなくなっちゃうし、まだまだ「7」の出番は残っているのです。
 64トラック対応しなくていいから過去に在った機能を落とさないで復活してほしい。 ターンキーの Edius Workgroup にはついてるって??? そんなの知らん!

 
[PR]

by gontamaru48 | 2016-11-18 15:47 | Edius | Comments(0)

本日のお買い物:ONKYO GX-77M パワードスピーカー ジャンク

c0078490_16295697.jpg
Y!オクでジャンク品として出品されていた ONKYO のPowerdスピーカー GX-77M 2100円+送料で落札。 表面の汚れ具合が中古らしさの雰囲気をにおわせていますねぇ~。

ジャンクの理由としてはちゃんとチェックしていない、左のスピーカーへ繋ぐための専用の線が欠品、というあたりでした。 とりあえず、左右個別にチェック開始。 
左のスピーカーは普通のスピーカーの入力端子である、バラ線+-のプッシュ端子なので、GX-70の左のスピーカーと交換して確認。問題なく出力OK!。
では右のメインのスピーカーのチェック、こちらも問題なし。ならば、左のスピーカーへ行く片方ばバラ、反対がピンジャックのコードを作成すれば復活しそうだったので古---いピンコードからピン部分1個拝借。 スピーカー用バラコードの先にはんだ付けして完成。

 このスピーカーの前は同じONKYOの GX-70をもう15年以上使っていたので機種変更はほんと久しぶり。 今回はスピーカー側に光入力端子があったので USB DAC 代わりに使っている Rolandの UA-25EX の 光出力とつないでみました。ついでに今まで通りのアナログ接続も繋いでみました。 アナログ入力側だと左右の音像定位がぼわーーーんとぼけていたのが、光接続にするとピタッと決まる! センターに専用スピーカーがあるがのごとくセンターからちゃんとセリフが聞こえてくる。 左右スピーカーの位相ずれが少ないようです。

 さてサブウーファーへ線をつなごうとしたらまたまた障害。ピンジャックの中にセンターピンが折れて残っていました。これではコードが刺さらない。ちょっと特殊な工具を使って折れたセンターピンの引き抜きに成功。サブウーファーへの接続もOKとなって、システム完成。 ジャンク品として落札しましたけど結局は問題点はすべて解決で、久しぶりスピーカーシステムのアップグレードとなりました。

 以前つかっていた GX-70がだいぶくたびれてきていてそれと比べれば音が安定していて中低域の豊かな雰囲気と光接続で音像定位がピタッと決まるきもちよさとぬけの良さでいい感じです。 平均的な落札価格の 1/3ぐらいで入手できて良いお買い物でした(^^♪


[PR]

by gontamaru48 | 2016-11-03 16:56 | パソコン | Comments(0)