京セラ 35-70mm 3.5-4.5、Minolta 35-105mm 3.5-4.5

ここのところレンズ沼にどっぷりつかりつつあるようで、月1本ペースで増殖中のような。
12月にEマウント 16-70、
3月に Aマウント 55-300mm
4月に Eマウント 18-105パワーズーム
5月、2本、京セラ AF 35-70 3.5-4.5 この2本合わせて824円!
でもって昨日、京セラのレンズマウント改造用にと思って入手してきたMinolta 35-105、F3.5-4.5、500円なんですが、なんか改造でマウントを奪ってしまうのがちょっともったいない気がしてきて、改造方法を改める方向で検討中。改造元のレンズが324円なところもあまり金額のかかるような改造法は選べないわけで、、、ベストな方法はレンズはそのままに、京セラのジャンクボディーを拾ってきてマウント部を利用するのがよさそうな気がします。このマウント部にヤシコンーEの使っていないマウントアダプタを合体させて…なんて考えてます。まあ価格次第で、実施するかどうか決まるとは思いますが。
c0078490_13593287.jpg
手前がKYOCERAレンズ、奥がMinolta

c0078490_15132895.jpg
c0078490_15133530.jpg
京セラKAマウントとAマウントを比べてみるとボディー側からピンが出ていてAFを駆動するところ、線点数が5個、ロックピンの位置もよく似ている、(実際は若干違う模様)絞りを駆動するピンの位置は大幅に異なてていますね。ちょっと見だと似てると思うんですが…
レンズをマウントにペタッと当てて撮影してみた感じでは京セラレンズの素性はよさそうな印象。A6500などのAPS-C機なら35-70は35mmフルサイズ換算で51.5mm105mm相当と、まあ使える画角範囲でないでしょうか。ただ絞りを動かす方法がないので実用性はどうでしょう。5.6ぐらいで固定でしょうね。改造パーツ用に買ってきたMinolta 35-105のほうがAFが動かないだけで、A6500なら手振れ補正も正常に稼働しそうだし、まともな撮影でも使えますねぇ。レンズ沼遊びでは実用性を追求するならちゃんとメインラインのEマウントレンズを入手すればいいんで、それ以外のレンズはマウント遊びの範囲で遊びましょう(^^♪





[PR]

by gontamaru48 | 2017-05-20 15:07 | レンズ沼 | Comments(0)