カテゴリ:ビデオ機材( 90 )

新規機材投入:LILLIPUT BM230-4K Carry-on 4K monitor

 つねずねまともにモニターできずに撮影してきてあとであらまーーーなんてことが起きてはいけないんですけど、ちっこい低解像度モニターしかなくてどうにもならない。SONYやCANON、Panasonicなどのマスモニなんて高すぎてお話にならない。ほしいなんて絶対に言い出せない… 
 Amazonをぶらついていて見つけたのがLILLIPUTのフィールドモニター。今回24インチ以上のサイズが必要、当初あちこちに移動しながらジプシーのような撮影が続くはずだったので、このチャンスにと LILLIPUT BM230-4K をセレクト。
発注から1週間で到着。うmmm 思っていた以上に速い。

LILLIPUTというメーカー、カルフォルニアの会社のようで、OEM,ODMをメインにしていた会社のようです。設計、生産は中国。元々中国の会社なのかと思ってましたが、ちがったようです。
c0078490_21005818.jpg
こんな感じで佐川さんが運んできてくれました。ケース込みの総重量17Kg。ちと重い。モニター本体が8Kgぐらいなのでケースナシならそれなりの重量ですけど、それではこの機種を選んだ意味がない。
段ボールが黄色い梱包テープでぐるぐる巻きにされていてほとんど防水状態。開封に一苦労。ふぃ。。。

c0078490_21041962.jpg

作りもよく、いい感じのモニター、発色はとりあえず合格。バックライトはLED。HDMIでPCとつないでモニター4台接続状態でテスト開始。 ビデオカード側の制限でHDMIだとUHD,30Pになってしまいますが、まあいいでしょう。動作確認OK。通常のPCモニターよりバックライトは強力なようで、発光関連の太陽や水のきらめきなどのシーンでは割と輝いた感じで見えます。

c0078490_21060798.jpg
裏蓋をを開けるとこんな感じ。HDMI2.0が1番、2~4番は1.4対応。SDIは3G-SDIなのでFHD/60Pまでの対応ですね。LILLIPUTの本家サイトを見たら新機種で6G-SDI対応機も出たようで、こちらだと4K-30PまではSDIでつなげるようになると思いますが、4KのSDI接続が必要なるような機材を持ってないので、しばらく大丈夫でしょう。電源は標準的な4ピンキャノンコネクタ。付属のACアダプタは15V42Wもので4ピンキャノンコネクタ付き。Vマウントバッテリー用のプレートもついているのでバッテリー運用も可能。ただまだ手元にVマウントバッテリーが1個もないので、、何か必要な案件が出たら購入申請しましょ!

c0078490_21113626.jpg
メニュー設定をあちこち弄り回して、初期設定でオーバースキャン状態になっていたため、PCの画面表示が欠けた状態ですべて表示しきれなくて、????。悩むことしばし。設定メニューにアンダースキャンONの項目を発見してフルピクセル表示可能になりました。

c0078490_21134767.jpg
どでかいさんフードも付属。マジックテープでケースの周りにバリバリっと張り付くようになってました。これがでかくてなかなか良い。ケースをいじっていたらケースの上側や側面にNATOレールを取り付けてリグのベース部分のような感じの役割をさせるのも良いかなと。7インチぐらいのモニターを上部や側面に取り付てもう1系統監視できるようになりますね。

 重量が24インチクラスとしては相当あるほうなので、やはりドカッと据えてAC運用がメインになるでしょうか。普段の撮影状況からすると野外撮影は年間でも数えられるほどなので、そんなときは7インチモニターでしのぐことになりそうです。

 今回表示テストで、A6500で撮影したUHD/30Pの映像を流してみたら、HDモニターではOKのはずのカットが微妙にピンがずれていたことが発覚。まあHDでの出力だったのでぎりぎりOKですが、4K撮影時にはでかい4Kモニターで確認しないとピント確認は難しいですね。 対象物をやや斜めに撮影していたために上側と下でピン位置が違っていて相当絞り込んでも上の端はほわっとした感じになってたことに気が付きました。4K撮影は機材も腕もまだまだ足りなかったようです。このモニターが撮影品質向上に役立ってくれるでしょう。

さて、ひとつだけなんだかよくわからない付属品が。
c0078490_21224312.jpg
たぶんワイヤレスHDMI関連の機材を取り付けるための金具のようなんですが、取り付けられる場所が不明。ネジ6本でどうやって何を取り付けたらいいのか不明。 どなたか、これの使い道わかりませんか???


さて、週明けにはATOMOS社のSHOGUN INFERNO レコーダーも到着予定。いまだ現役のfs-700J Rev3.2 と SHOGUN経由LILLIPUTモニターで4K撮影のラインがやっと作れそうです。 FS-700Jの4K対応改造をしたのがもう2年前。苦節2年?で4K撮影の日の目を見ることになります。fs-700J のリグ組みをやりたいですね。ほんとは FS-7 ほしいんだけどな~~。。まあとにかくFS-700JのFS-RAWで60P撮影ができるみたいなので、週明けは接続テストですね。。どんな感じになるかな?




[PR]

by gontamaru48 | 2017-09-08 21:38 | ビデオ機材 | Comments(0)

リグの拡張&改造(修理ともいう?)

c0078490_12491016.jpg
CAMVATE の SONY A6500用リグキットを買ってフロントハンドル追加、肩載せパッド追加、肩載せ?パッドへ行く部分を120㎜オフセット、肩パッド側にモニター用バッテリ搭載の準備、左手側にリモコン増設、などなどいじくっております。

一番中心的な、カメラ下のベースユニットの締めネジが、もとは黒いノブで、4mmネジでした。ちょっと操作をミスったらノブの内部のかみ合わせ部分をなめてしまったため手で回せなくなり、、、修理必要と。
 赤いノブ付きネジだけ販売していましたがネジが5㎜、ベースユニットのネジは4mm、ん? 不適合なのです。 他の部分はみんな5mmネジを使っているので5mmネジが使えるように改造すべし!!!!

 まず赤いノブ付きネジを4個、5mmタップ3本セット、クランプ1個など購入。 小型クランプがなぜか4mmネジだったのでこれならネジ切りに失敗しても被害最小ということで、まず小型クランプから4->5mmへのサイズアップ挑戦開始。
c0078490_12492229.jpg
 ドリル類が昔使っていた4mmしかなかったためネジ切り部分の拡張を4mmドリルで作業。本来5mmネジの下穴は4.2mmなのでちょっと細い。最終的には作業出来ましたが、やはりタップを立てるのにすんなりとは終わらない感じでした。

 さて、本体のベースユニットを作業するのに手作業だけでは時間がかかって精度が悪いという、うれしくない結果になりそうだったので東急ハンズで下穴用4.2mmと受け部分の素通し用の5mmのドリルビット、さらに一番安い電動ドリル BLACK+DECKER のものを買ってきました。

 あ、上の写真のバッテリー部分はSONY のLバッテリータイプの乾電池ケースで、6本内蔵してLバッテリーの代わりをさせることができるようです。消費電力が少なければ対応可能なような気がします。本来のL-970バッテリーだと40W程度はありますけど、乾電池だと6本で18Wぐらいなので大電力には向かないですね。

c0078490_13000957.jpg
 電動ドリルで作業をしたら1穴について10分もかからずきれいに作業完了。めでたく5mmネジが使えるようになりました。リグ全体でネジ類を5mmに統一できたので万が一何か不具合が出ても融通を聞かせることができます。

さて、つぎの拡張はモニターを載せるためのクランプを追加してモニター搭載の準備です。電源用のジャックコードも用意しなくっちゃね。

手回しのノブネジが、一か所を除いて赤くなりました。 小さな自己満足。(笑)さて拡張はまだまだ続く…

[PR]

by gontamaru48 | 2017-04-22 13:08 | ビデオ機材 | Comments(0)

DeckLink SDI 4K ドライバーを更新したら…

 久しぶりに BlackMagicDesign のHPを見たら DeckLink のドライバー DesktopVideo 10.8.5 が出ていたので入れてみた。あまり変わらないと思っていたら突然PCの音がDeckLink のSDI端子から流れてきてびっくり!

 コントロールパネルを見てみたら

c0078490_18134434.png
なんと「Blackmagic DeckLink SDI 4K Audio」が増えていた。www どのドライバーバージョンから増えたんだろ???

カードからのSDI出力はモニター用にしか使っていないので実害はありませんが、出力側をレコーダーなどにつないでいたら余計なPCの警告音なども録音されちゃうところでした。うまく使えば Edius 以外のアプリの音もSDIから出力できて便利とも言えますが、両刃の剣っぽい感じが。。
しばらくいろいろ使ってみて考えてみて、使い方によって設定変更したほうが良いかも????



[PR]

by gontamaru48 | 2017-03-02 18:20 | ビデオ機材 | Comments(0)

足つき一脚完成(^^♪

c0078490_21115515.jpg
マンフロットのあんよを買って、540円で買った Stitz の中古一脚、ちょっぴり改造してあんよに取り付け完了。 中国郵政さんが1/4-3/8のアダプタネジを届けてくれたので、やっとManfrotto 701HDVと接続完了。これでビデオ一脚の完成。

 さてあとは実践投入のみ。投入日は次の休日かな?

[PR]

by gontamaru48 | 2017-01-18 21:18 | ビデオ機材 | Comments(2)

sony uwp-v1 のUSB電源化 2号機

c0078490_20244815.jpg
c0078490_20251040.jpg
c0078490_20253299.jpg

構想半年、製作期間2ヶ月、前回の一号機製作時と同様ほったらかしていたとも言えますがUSB電源化2号機が完成。前回は中間ボックス方式だった物を今回は電圧変換基板の小型のものを探して乾電池ホルダーに内蔵させることに成功。スマートに仕上がりました。
受信側の電圧が下がるとノイズが出てくる可能性が高くなります。USB電源化で安定したワイヤレスマイクの受信ができるようになりました。最近はノイズに悩まされることもなくなっています。電圧は3.1vあたりに設定。

AVミキサーの横に箱を取り付けて落下防止策。安定運用できています。マジックテープをミキサーのラックマウント時に使うネジ穴を利用して固定しています。ネジは3.5φのツバ付き。

しばらく使っていたんですが、念願叶って新型のuwp-d11 が2セット投入されて、マイクロusbで直接給電出来るようになって取り敢えず今回のせいさくぶつは一時引退かもね〜〜(^O^)


[PR]

by gontamaru48 | 2017-01-16 20:24 | ビデオ機材 | Comments(0)

本日のお買い物:Manfrotto MVA50A 一脚のおアシ

c0078490_22052070.jpg
皆様 あけましておめでとうございます。  めったに更新しないで、ほとんどお買い物メモに成り下がっておりますが、今年もこのペースでいきたいと思いますww

正月休み中にあちこちブラウジング中に引っかかってきたのがこのManfrottoの一脚用足。 三脚を持ち歩くにはめんどくさい、でも一脚だけではやや不安定… おおお、ヨドバシ.com より3千円以上Manfrottoサイトのほうが安い!と思ったとたんにポチ。

 さて、手持ちの一脚が使えるかと思ったら最下段がちと太くて入らない。ぁぅ。。。結局Manfrottoの一脚まで買うことになりそう??? やはりキットになっているものを買ったほうが確実なのね!



でもって、、、 さらに一脚まで購入するのは悔しいので!!!
c0078490_23565715.jpg
 540円で買った一脚の先端部分をちょっとだけ加工して接続成功。  これで使えます。トップにはManfrottoの 701HDV 雲台を載せればビデオ一脚の完成です。 ヘッドを載せるための1/4 - 3/8 インチアダプタの到着待ちです。

[PR]

by gontamaru48 | 2017-01-11 22:14 | ビデオ機材 | Comments(0)

キターッ! APS-C対応!! sony_epz18-110mmf4G oss

c0078490_12444883.jpg


 パワーズームで 28-135は出ていましたね。 どっちかというとα7系のフルサイズ向きでAPS-Cには係数1.5倍のため、引きに弱いレンズになってました。

 今回、APS-C、スーパー35mmに最適化して出てきました。 これは使いやすい画角です。ただ、価格設定がそれなりにいいお値段。まあシネマ対応ズームとして考えればバーゲン価格なんですが、ビデオカメラのレンズとして考えるとちょっとお高いかも?という感じで、びみょーな値付けになっているような気もします。まあ、自分で買うことができなくてもレンタルする手段が残ってる! 選択肢が増えることはいいことです。
[PR]

by gontamaru48 | 2016-09-13 12:49 | ビデオ機材 | Comments(0)

UWP-V1 ワイヤレスマイク受信機の外部電源化

c0078490_14583314.jpg
 えー、、すでに廃版!!の UWP-V1。。。。 送信側の付属のマイクの音質があまりよくない、 たまにふわっと切れたような雰囲気になるなど、いろいろ問題もありますが、これしかワイヤレス系は持ってないので・・・・3セットほど運用中。後継機種の UWP-D11も使ってみないとどんなもんかよくわからんですが、とにかく使ってみたいなと思いつつ、、、 電源の単3乾電池の消費量を何とか減らせないか、あっという間に山のようになる中古単三乾電池の山を見てミキサーに直結している受信側だけでも外部電源化できればということで構想1か月、制作半年、、、(単にほったらかしていただけともいう)。 やっと完成。 当初バッテリーケース内に基盤を収めようともって作業を進めたんですけど高さが余ってしまって収められず。コンデンサーを背の低いものと交換するか、寝かして取り付けるようにすれば入ったかもという感じですけど、今回は中間にBOXを挟む方式で妥協。 あ、電源はUSBの5V電源です。5Vから2V降圧して3Vを供給するように調整。青いパーツのねじをぐりぐり回すと電圧の設定ができます。ちょっと回しすぎたら1Vまで落ちちゃいました。電圧を測りながら少しずつ戻して設定して最終的には3.05Vにセット、瞬間接着剤を垂らして調整ネジを固定。 部品代は全部で500円ぐらい? 連続安定稼働を確認中。。。 問題ないみたい。 これでスタジオでミキサー直結の受信機は乾電池不要となり、乾電池の消費量を半分にできて、バッテリーライフの心配も半分に>^_^< 

  今販売中のUWP-D11 ならもともとUSB給電できるのでこんな心配はいらないんですけど。。。。 オプションを使えればカメラの機種にもよりますけど、MIシューに直結出来てバッテリーの心配もいらなくなって音声配線も不要になるなど、いろいろメリットがありますね。 D11はマイクの音質が問題で使い勝手が難しいとかいう評価も見たんですが、、まだ使って見ていないので評価できません。 


 基盤を収める箱をダイソーで物色。Sサイズピルケースをちょっと削って配線を出せるようにして完成です。 ピルケースよりもう一回り小さくてちょうどいいものがあったんですけど、厚みが若干不足していて使えませんでした。=3



[PR]

by gontamaru48 | 2016-07-03 15:40 | ビデオ機材 | Comments(0)

Portabrace カメラバッグ

 カメラを使う時に必要なくてカメラを使わないときにいるものな~んだ・・・みたいな カメラバッグ。  中身として仕舞い込みたいカメラをまだ持っていないのにY!オクを見ていたらポータブレイスのバッグが1円スタート!!! 食らいつきまして市販価格の1/8 ぐらいで入手。底の部分に擦れてちょっぴり破損している部分がある中古品のためこの価格で落札となりました。 タイプはCS-DV4 というやつのようです。割と大きいですね。幅 60cmぐらいはあるでしょうか。ハンディータイプのカメラなら間違いなく収納可能ですね。SONYの PXW-FS7とかFS5とかが入ってくれるといいんですが。。。。 家の近くにカバンの修理屋さんがあるので直してもらってから使おうかな? 


Portabrace のバッグ類はなんか KATAのバッグ、、あそっか、今はManflotto のバッグより憧れ感があってぜひ使ってみたいと思っていました。 ポケットがたくさんついていていい感じです。
c0078490_15530522.jpg

 
写真には写っていませんが、バックスキンタイプのショルダーベルトもお好み。なんで写ってないかって? 汚れを落とすため一旦外して 靴洗いのタワシでゴシゴシ洗って乾燥中なんです。 この肩ベルトの使い勝手がとても好きなのでベルトだけ買うよりカバン付きで買ったほうが安かったという感じでしょうか。 しばらくは録音機材や線材、小物類などの機材バッグとして使おうかと思っています。



[PR]

by gontamaru48 | 2016-02-27 16:07 | ビデオ機材 | Comments(0)

本日の工作:電源コードの作成

c0078490_13504580.jpg

 c0078490_14075027.jpg
いつもの撮影作業環境では、12V 100WのACアダプタが稼働しています。4ピンのキャノン出力も2個。 稼働しているプツはPROTECHのコレ!







プロンプターへの電源供給のために稼働していますけど、4ピンの出力が1個余っていて、電力の余力的にもカメラ1台ぐらいなら楽勝のはずと、ちょっくらはんだ付け工作をば。 元コードのジャックの片方をちょっきん。。。 4ピンキャノンコネクタは内部では1番コールド、4番ホットの2本しか使ってませんので半田付け2か所であっという間に完了。ノイトリックの扱いやすいコネクタも1個500円以下ととてもリーズナブル。 ホイなと出来上がりです。

12月4日追記::: 
  使ってみました。液晶画面に14.7Vの表示が出てました。カメラはSONY PMW-200
 ちょっと電圧が高い目ですが、バッテリーは14.4Vぐらいは有るはずなので問題ないでしょう。


 ついでなんでコネクターのオス・メス共に少し多めに購入したのであとで4ピン電源のY字ケーブルを作成するつもりです。モニター2台への電源供給にちょうどいいかな?


 コネクター購入ののついでに、ステレオガンマイクの延長ケーブルも作成。手持ちの5ピンキャノンのケーブルが短くて、10mぐらいの延長ケーブルを作ろうかと前々から考えていました。ECM-680S のステレオガンマイクの稼働率が今一つ低いので先延ばしになってたんですが、4ピンキャノンコネクタを買うついでにケーブルも購入することにしました。ケーブルは CANARE のMR-202-2AT 。5ピンオスメスのキャノンコネクタはなぜか在庫になっていて持ってました。なんで持ってたんだろ? 忘れた。

 10mケーブルを作るのにネットで調べたら50,100m巻きの2種類しか見当たらない。秋葉原へ行けばメートル単位で買えるのかもしれませんが、えーーーいめんどい、50mどんと買いましょ。 ということであと39mぐらい余ってます。1本で2ch通せるのでY字で2個ずつ3ピンキャノンコネクタを両端につければ便利なステレオ用ケーブルに仕上がるでしょう。 欲しい人います? カスタム制作うけたまわり~~~~ !(^^)!



[PR]

by gontamaru48 | 2015-11-28 14:27 | ビデオ機材 | Comments(0)