最近のお気に入りの組み合わせ

c0078490_16074551.jpg
c0078490_16050832.jpg
昨年12月にメイン機をA6300からA6500へスイッチして約3か月。Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z を中古で購入して2か月、だいぶ体になじんできました。

 A6500では今のところ、スチール撮影中心で使用中。 強力な手振れ補正と正確なAFはとても頼れますね。真面目に撮影していてAFが外れてしまった駒は皆無。。。 正確に意図したところにピンが来ています。  Vario-Tessar がまあ解放F4なのでF1.8とかの開放などよりはピンを外しにくいということもあるのでしょうが、ピン合わせも速くて快適な撮影ができています。ズームリングがマニュアルなのもお好み。ビデオ撮影では電動ズームもアリかと思いますけどスチール撮影では電動ズームはめんどくさい。人物撮影時などで微妙な画角調整と撮影距離の調整で背景の写り込み量とボケ量の調整を行うのにはメカズームがあってますね。

 解像度とかシャープさなどを求めるのであればアルファシリーズならA7RII+G Master なり高級レンズの組み合わせの一択になりますけど、レンズは高く重くなり、ボディーも高くて現時点では購入不可能。 A6500+Vario-Tessarの組み合わせはとても軽くていつでも鞄に忍ばせておけるのが大きなメリット。 実際問題としてこの組み合わせで解像度不足を感じたことはありません。撮った写真の使用先がほとんどWeb向けなこともあってドバっと縮小されて100万画素あれば御の字ぐらいの使い方なので軽快に撮影できることはほんと何よりです。

 あとA6300,A6500どちらにもついていますけど、ちっちゃな内蔵ストロボ、当初光量が少なくて役に立つの?なんて思ってましたが最近のデジカメの高感度特性の良好さに助けられて逆光の補助光的な使い方ならとても具合が良いです。強すぎないのが何より。暗くつぶれそうなところが起きてきて後調整でもあまり無理せずいい感じになりました。ついでにキャッチライトも目に入っていい感じ。ただストロボの発光バランスを変えようと思うと、メニューの深いところを探すのが大変。どこかに割り当てできなかったっけ?

 アタリ駒を量産中のA6500+Vario-Tessarの組み合わせ、もうしばらくこのままずずーーーーっと行ってみたいと思ってます。


[PR]

by gontamaru48 | 2017-02-26 16:32 | α6500 | Comments(0)