7インチモニタ SONY LPM-770BP の電源工作

SONYの業務向け 7インチモニタ LPM-770BP、使い始めました。
NP-F970のバッテリーが使えてカメラと共用できるのは便利なんですが、最大15wの消費電力がカメラより多いみたいで、バッテリー1本で3時間ぐらい? へたれバッテリー君だとフル充電しておいても1.5時間でダウンしました。
 さすがに1日戦うのにバッテリー3本は辛すぎる。 3本充電するのに一晩かかって翌日のカメラバッテリーの充電に間に合わない! なんてのは笑えますよね。

 手持ちの12Vアダプタで動かせないかと、カナレの5m汎用4ピンの電源コードを買ってきました。2880円ぐらいだったかな?
あけてみたら4ピンともちゃんと接続されてました。まじめな作りです。 もしかしたらコレ、もともとはスピーカー用なのかもしれません。

 PC系が得意なため、キヤノンコネクタより4ピンペリフェラルコネクタが好きと。いうことでキヤノンコネクタの根元から追加コネクターをはやしてみました。

 接続するACアダプタはバッファローの SATA,PATA->USB2.0変換アダプタに付いてきたものです。別の会社の似たような変換アダプタについてきたACアダプタでは電源が入ったり切れたり、バッテリーがLOW状態のような動作を繰り返してしまい、正常動作できませんでした。 アダプタの発熱も通常のHDDを駆動しているときとそれほど変わりなく連続動作OKでした。

c0078490_11483242.jpg


アダプタはこれ  気休めのヒートシンクを載せてます。
c0078490_11483814.jpg


接続はこんな感じ。
c0078490_11484644.jpg

[PR]

by gontamaru48 | 2012-07-14 11:49 | ビデオ機材 | Comments(0)